いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 12月 09日

牡蠣コースの夜

けさ家を出るとき、雪になった。わぁー、初雪だ~と思ったら、大手町では降らなかったとのことで、23区なのに東京の初雪とはならないのだった。

それはともかく、昨日はインプラントの禁酒明けで、うれしくなって、知人と忘年会ということで、麻布十番の牡蠣料理の店に行った。以前、牡蠣カレーを紹介した楸(ひさぎ)という店の麻布店である。ホントは銀座店に行きたかったんだけど、前日電話したらすでにいっぱい。で、麻布店に聞いたら空いていたので、大きな店かなーと思ったら、8人ぐらい座れる大テーブルがひとつと、片隅にツメツメなら4人、通常は二人でちょうどいいテーブル席がひとつあるだけの、これまた小さな隠れ家風のレストランなのであった。

前菜3種とメインは黒毛和牛と牡蠣のステーキか、ブイヤベースか、牡蠣フォンデュだったかを選び、ごはんものは、牡蠣の炊き込みご飯か、牡蠣フライのせ黒いカレー、そしてティーと、柿の入ったアイスのコースを選ぶ。

灯りはテーブルに置かれたキャンドルだけで、いかにも12月のディナーという雰囲気。ワインがちと高かったので、最初生ビールにしたんだけど、牡蠣料理にはやっぱり白ワインだよねぇ・・・。

とにかく暗かったので、写真は全然おいしそうではないけれど、牡蠣がいっぱい食べられて満足~。
(もっとも味は、生牡蠣はおいしかったけど、あとは期待していたほどではなくて、5点満点だとすると3.2点といったところ)

最初に出てきた前菜がこれ。牡蠣とウニ、トマトソースのジュレのカクテル。(トマトの味がやや安っぽかったなー)
c0155474_2243622.jpg

そのあと的矢牡蠣のオーブン焼きと、牡蠣とチーズを和えたようなの。
前菜のメインは生牡蠣3種。これが一番おいしかった。広島と厚岸とあともう一個はどこだったかなー。レモンなんかかけずにそのままいただく。味が違うのがよーくわかるのだった。
c0155474_22102319.jpg

メインは伊勢海老と岩牡蠣のブイヤベース
c0155474_22105698.jpg

牡蠣の汁で炊いたご飯。これはちょっと濃いめの味だったけど、マル。
c0155474_22112645.jpg

のんびりおしゃべりしてワインを2本空けてハッピーなのでありました。

by sustena | 2011-12-09 22:12 | 食べ物 | Comments(4)
Commented at 2011-12-10 00:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by esiko1837 at 2011-12-11 17:13
二日酔いはしなかったのでしょうか。
禁酒明けの飲み会・・・サステナさんの嬉しさが伝わってきます。
牡蠣ですが、いつもだったら気仙沼産をとっくに食べているところですが
今年はまだ口にしていません。
こちらの美味しそうな写真を見て、それに気付きました。
牡蠣ご飯、お焦げも有って超美味しそうですね。
Commented by sustena at 2011-12-11 23:20
Pくん、鮮度のいい牡蠣を選ぶ目はさすがプロだなぁと思ったことでした。ああ、今度殻つき牡蠣をゲットしにいかなくては。
Commented by sustena at 2011-12-11 23:26
esikoさん、私はたんと飲んでも二日酔いはまずしないんですけど、さすがに今回は禁酒あけだったことと、あとワインの値段が高かったので、控えました。気仙沼や東北の被災地のおいしい牡蠣が、少しでも早く、思う存分食べられるようになってほしいなぁ。


<< そば打ちをやったぞ      ダヤニータ・シン展 >>