いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 12月 03日

アゴ

台所には丸腰で立たない、というのが、昔一時期ハマった丸本淑生からの教訓で、豆とほうれん草のゴマ和えとか、煮物とか、常におかずが3種類ぐらいはつくり置きしてあるので、家に帰ってからメインと副菜を2品ほどちょこっとつくれば、それなりに品数が豊富な夕食となる。

出汁はちょっと余裕があるときに、かつおぶしをせっせと削って、ちょっと多めにつくっておけば、煮物なんかは実に簡単にできるし、青物をさっとゆでたのにかけるだけで、それなりにちゃんとした味になる。

最近気に入っているのが、長崎でゲットしてきた新物のアゴである。おでんの汁も、うどんのつゆも昆布とかつおぶしの出汁とはまた違う風味で、ついごくごくと飲んでしまうなぁ。

本日は大根とガンモを煮た。出汁をとったあとのアゴは醤油をほんのちょっとつけると酒のつまみにピッタリなのだが、酒はじっとガマンなのだった。
c0155474_21363955.jpg


by sustena | 2011-12-03 21:36 | 食べ物 | Comments(8)
Commented by iwamoto at 2011-12-03 21:45 x
アゴ出汁は最高ですよね。 いや違う、最高の部類ですよね。
好きです。 蕎麦もイケます。
子供の頃トビウオが飛ぶのをよく見かけました。 連絡船からです(スゴいでしょ)

アゴをかじって、酒がないとは。  ああ、そうでしたね。 お大事になさいませ。
Commented by esiko1837 at 2011-12-04 16:36
お忙しいのに、いつも手抜きをしない食事をされているので尊敬しています。
アゴは、東北ではあまり馴染みがありません。
こちらは、仙台はハゼ、青森み行くとイワシはイワシでも、焼き干しというのが有ります。
普通にある煮干しさえ、若い人はあまり使わなくなっていますよね。
若くなくても、ついつい簡単なダシを使いがちなので・・駄目ですね。
ダシ昆布は毎日のように使っているのですが・・サステナさんを見習わないと。
Commented by sustena at 2011-12-04 20:24
iwamoto さん、五島のアゴ出汁のうどんもいいです~。飛び魚がとぶのは見たことがありません。知り合いは、あさだけとぶ力があるから身がしまっていておいしい、なぁんて言うんですけど。
Commented by sustena at 2011-12-04 20:28
esikoさん、手抜きだらけですけど、食い意地が張ってるので,インスタントやできあいのつゆや惣菜よりは、素材のまんまのほうがいいよーという性分なんですよー。毎日のみそ汁は煮干しです。出汁はいまの時期だと数日は持つので、もちろんつくってすぐのほうが薫り高いけど、煮物などラクチンなので、ストック方式であります。
Commented by higphotos at 2011-12-05 12:52
おっ、アゴですね。
九州のおうどんはこれでダシを取るんですよね。
あまり馴染みがありませんが、美味しそうなのは分かります。
羨ましい。
Commented by Cakeater at 2011-12-06 19:24 x
ああ、おいしそうだなあ。
うちのお袋は、魚嫌いの息子に味の素に煮干をぶち込んでそのまま、味噌汁にするという荒業で食べさせてくれたもので、煮干は食べられるように育ちました。アゴもやっぱり食べられるんだ。
(アメ横で白銀色の高級煮干をはじめて見たときは感動しましたねえ。)
ぼくの味噌汁は、コブと干ししいたけを一晩つけておいて、さらに鰹節と煮干をぶち込んだ極濃です。もちろん、煮干はそのまま食べちゃいます。lololol.
Commented by sustena at 2011-12-09 22:28
higphotosさん、アゴのダシはすごくラクチンです。前日につけておくか、もしくはイキナリでもそれなりに出ていいお味に。おすすめですよー。
Commented by sustena at 2011-12-09 22:30
Cakeaterさん、昆布と干し椎茸と鰹節と煮干し?どんな味なのかなー。醤油で味を整える前のめんつゆのベースに、ついでに煮干しを入れた味だな、というのは頭ではわかるんだけど・・・。


<< 銀杏      樋口有介『ピース』 >>