2011年 11月 18日

電柱の影

なんだかやけに電線がこみ入っているなぁ・・と思ったら
c0155474_22255537.jpg

電柱の影が壁に描いてあったのだった。
c0155474_22263331.jpg


by sustena | 2011-11-18 00:57 | まち散歩 | Comments(16)
Commented at 2011-11-18 05:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by higphotos at 2011-11-18 14:24
えっ、影?
あっ、影だ。

面白いと思いますが、ご苦労様って感じです。
街には面白いものがありますねぇ。
Commented by iwamoto at 2011-11-18 19:10 x
このくらい居直ると面白いですね。
柱上変圧器のPCBは全て取り除かれたことになっていますが、これが地震で上からゴッチーンと落っこちてくるのはイヤですね。
取り除いたPCBは、未だ分解方法が確立せず、保管は大丈夫なのでしょうか。 近づいたら危険というものではないから、アレよりはましですが。
Commented by Lucian at 2011-11-18 21:21 x
目障りで鬱陶しい電柱と電線を逆手に取って楽しむことで、ストレス軽減にもなっているのでしょうね。
Commented by jmiin at 2011-11-19 13:57
この建物は粋ですね!
こう言うセンスを具現化するこの建物のオーナーには乾杯です。
Commented by Cakeater at 2011-11-20 11:08 x
あ、やったあ!
姪は空線写真マニアだったし(今は子育てと病気の旦那の世話でそれどころではないようだが)ぼくは、こういうゴチャゴチャした電柱と電線をスケッチするのが好きだったから(今は暇なくてただ撮るだけ)、お、なかなか描けてるじゃないか。LOLOL.
今日善福寺池に行くつもりで会社とバトルして休みをぶんどった。。。のに、おとついの残業で風邪引いて熱が出たのでパスします。また来年こそは、です。
Commented by esiko1837 at 2011-11-20 20:23
こんな面白いこと、脳をどう訓練したら思い付くんでしょう!
驚いちゃいますね。
気がついたサステナさんも凄い!
Commented by ken_kisaragi at 2011-11-25 00:01
建物自体は無味無臭、屋号や看板も見当たらず。
・・・
コレ、大掛かりな落書きかもしれませんよっ。
ビルのオーナーは今も気がついていないとか! 
てへっ〜。

Commented by sustena at 2011-11-26 23:44
Pくん、ここは以前通ったときはなかったように思うんですけど、どうなのかなぁ・・・。
Commented by sustena at 2011-11-26 23:45
higphotosさん、この道は東京都現代美術館に向かってジグザグで歩いていく途中で見つけました。一種のアートでせうか。
Commented by sustena at 2011-11-26 23:46
Lucianさん、電線と電柱は確かに目障りで見苦しいけど、あまりにすさまじいと、感動すら覚えるこのごろです。
Commented by sustena at 2011-11-26 23:48
iwamoto さんはPCB問題にはお詳しいのですね。当方は、昔その件で取材に行って、電柱のトランスとかいろいろいわれて、いったいどこのことだろう?なんて絶句していたバカモノです。
Commented by sustena at 2011-11-26 23:50
jmiin さん、自分でやったのか、誰かに持ちかけられてOKしたのかわかりませんけど、なかなか粋ではありますね。以前近くのアートギャラリーの作家さんが、電柱にスカートみたいなものを履かせるインスタレーションを披露したのですが、すぐに撤去と相成りました。まぁこれは電柱だったから仕方がなかったんでしょうが。
Commented by sustena at 2011-11-26 23:53
Cakeater さん、パフォーマンスは20日で、アート展も23日で終了。今回は傑作だったので見ていただけなくて残念です。
今年の11月は、仕事と、このイベント関連の準備ほかで目の回るような忙しさで、アート展が終了したいまも渦中にあります・・・。
Commented by sustena at 2011-11-26 23:54
esikoさん、こーゆーことに気づくのだけは得意なほうだと思います。なんたって、いつもキョロキョロしてますから~。
Commented by sustena at 2011-11-26 23:55
kenさん、こーゆー落書きを一夜にして、この一帯にパパッと描いちゃったらおもしろいでしょうねぇ。でも、高さがあるから、準備がたいへんですね、やっぱり・・。


<< 仙台へ      毛皮ハンタイ >>