いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 11月 15日

毛皮ハンタイ

息子にハトムギ化粧水を買ってこいと頼まれて、昼間仕事でテンパっていたけれども弁当を買うついでに会社の外に出たのである。急いでいたので、サイフぐらいしか持って出なかったのだが、こういうときに限って、いかにもの場面に遭遇する。

はい、それは、COACHの前に陣取って毛皮反対(もうちょっとイロイロ説明してあった)のプラカードを掲げたNGO(たぶん)。檻が3つ並んでて、その中に美女がポーズしてたのよー。

もちろんこんなニュースは、新聞やニュースに取り上げてほしくてやるわけで、美しいひとでなくては意味がないよねぇ・・・。ロートルケータイでぱちり。
c0155474_21431853.jpg


by sustena | 2011-11-15 21:44 | まち散歩 | Comments(12)
Commented by Lucian at 2011-11-15 22:28 x
カメラ人類が出掛ける時は、サイフを忘れてもカメラを忘れてはイケナイということでしょうか。
Commented by jmiin at 2011-11-16 05:55
一応ハム屋さんに努めて、屠畜場でも仕事をした人間として、
こう言うのを見ていると、心底悲しく思います。

この人たちは肉は食わないのでしょうねぇ......
Commented by higphotos at 2011-11-16 10:17
こういうのTVでよく見ますよね。
と言ってもこういう風景は田舎では皆無。

田舎では殺生は生活そのものっていうイメージがあるので、
反対って何を?って感じですね。

> 檻が3つ並んでて、その中に美女がポーズしてたのよー。

ってことは「檻入り役」はメンバーの中ではきっとステータス。
ウキウキ気分、なんでしょうか。
Commented by esiko1837 at 2011-11-16 20:25
理由は、ベジタリアンと同じなのでしょうか?
何も考えずに生きてゆくのは楽ですが
あまり考え過ぎると生きていけなくなります。
私はアホなので楽ですけど。
Commented by iwamoto at 2011-11-16 20:35 x
カメラ付きの財布は如何でしょうか。

当然、彼等は菜食主義者です。 ゴキブリも殺しません。 蚊に刺されても平っちゃら。 でも、人は殺すかも、意見が違う人とか、劣った民族とか。

日本人は毛皮のために動物を殺すことはありません。 クジラに対する感謝を見れば分かろうというものです。
Commented by sustena at 2011-11-18 01:01
Lucian さん、最近はスマホでもケータイでもけっこうちゃんと撮れるんですけどね。私のケータイは使いにくいのですよー。
Commented by sustena at 2011-11-18 01:03
jmiinさん、欧米のNGOって過激に行動して社会的影響を与えるぞーというところも多いですよね。 あれくらいNOといえるほうが、企業が対応せざるをえないのかもしれない・・・。
Commented by sustena at 2011-11-18 01:06
esikoさん、実験動物などにも苦痛を与えてはいけないとか、飼育環境を充実させなきゃいけないとか、いろいろたいへんなようです。化粧品会社なんかは苦労しているようです。こういうのを目の当たりにすると、そういう問題もあったのかーって゛私のようなノーテンキな人にハタと気づかせる効果はあるかもしれない。(でも好き嫌いがありそう)
Commented by sustena at 2011-11-18 01:06
higphotosさん、折入りメンバーは、檻の動物気分で、カメラマンの求めに応じて真剣な表情でポーズしていました。
Commented by sustena at 2011-11-18 01:08
iwamoto さん、たしかに日本人は毛皮のために動物を殺したりはしないかもしれないけど、商品として並んでいたら、併記で銀ギツネのエリマキとか買う人がいそうなような気も・・・。
Commented by Cakeater at 2011-11-20 11:15 x
いや、銀座ですねえ。これが高円寺の毛皮屋さんじゃ、なんかパンクロックのパフォーマンスにしか見えないだろうし、阿佐ヶ谷の太鼓屋の前じゃあ、まったく「効果」が期待できないでしょうねえ。Lololol.
Commented by sustena at 2011-11-26 23:57
高円寺だとパンクロック♪確かに。演劇やインディーズ系の人がいっぱい集まってますからねぇ。最近高円寺、阿佐ヶ谷にはとんとご無沙汰してマス。


<< 電柱の影      ランドセルアート >>