2011年 10月 27日

牡蠣の季節

カレーが食べたくなると、1カ月に一度くらい出向くのが、銀座にある楸(ひさぎ)というお店。
「黒いカレー」や「豚角煮カレー」、「ステーキカレー」、なんともゴージャスなステーキ、角煮、カキフライがのった「スペシャルミックスカレー」などいろいろあるけれど、私がいつも注文するのは、写真の「カキ入りカレー」。牡蠣のエキスがしみこんでいて、胃にじわーんとしみわたる。

先日何気なくこのお店のホームページをみていたら、牡蠣がめちゃくちゃおいしそう。今度夜にいってみたいよーと、恋い焦がれている今日この頃なのでした。
c0155474_22394593.jpg


by sustena | 2011-10-27 22:13 | 食べ物 | Comments(4)
Commented by Cakeater at 2011-10-28 21:14 x
なんちゅうもんをアップするのだ。。。
涎が。。。とまらぬ。。。
あ、胃酸がまた一気に増えてきた。。。あたたたた。。。
体に悪いブログなこと。しっかり店名メモリました。
Commented by esiko1837 at 2011-10-29 17:12
↑、激しく同意であります!!
で、私は黒いカレーもカキのカレーも食べたことがありません。
食べたい!!!です。
Commented by sustena at 2011-10-30 00:45
Cakeaterさん、ここのカレーはちょっと味は濃いめで、カロリーも高いと思うけど、なんだか引き寄せられてしまいます。全部のせの「スペシャルミックスカレー」は、写真でしか見てないんですけど、迫力です。
Commented by sustena at 2011-10-30 00:48
esikoさん、カレーは店によって味が違うけど、黒っぽい色のカレーは珍しいような気がします。ナンがおいしいインドカレーの店もいいけど、たまにはこんなカロリーの高そうなカレーも悪くないデス。


<< 続けて牡蠣      ファームアップ >>