いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 18日

ハダカンボの桜の木

本日は秋に公園で行われるアートイベントの実行委員会。アーティストがどんな作品を企画しているのか、公園の設置予定場所に実際に出かけ、公園の管理事務所の人に説明する催しがあった。

最近は雑草を刈るのも無断ではダメなこと、杭を打つ際にも根を傷めないように注意しなければならないことなど、いろいろアドバイスをもらった。ほんの数センチ違うだけで、管理するのが神社だったり、区だったり、許可の取り方が違うことなど、戸外のアートイベントは実にたいへんそう。

アートとは関係ないけど、管理事務所の人によると、最近困っているのは、モンクロシャチホコの異常発生だという。桜の木の葉が軒並み食べられているというのだ。
そういえば、今年は赤くなる前にやけに葉がないサクラが多いと思っていたら、そいつのせいだったのか。フンがビッシリと落ちていて色が変わっているところもあった。途中でケムシをつかまえている管理の人がいて、バケツの中をのぞくと、3分の1もケムシでいっぱいで、モゾモゾうごめいていた。キャーッ。
c0155474_22302515.jpg
c0155474_2230352.jpg
c0155474_22304269.jpg

途中でアゲハ?がアーティストのスカートにとまって、なかなか飛び立たない。好きな植物と間違えたのかなぁ???
c0155474_22315768.jpg

赤トンボもいた。
めちゃ暑かったけど、やはりちょっぴり秋なのだった。
c0155474_22331637.jpg


by sustena | 2011-09-18 22:33 | 小さな自然 | Comments(0)


<< こまつ座第95回公演「キネマの天地」      2ショットの人だかり >>