いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 07日

幇間芸競演

日曜日、柳橋の隅田川のほとりにあるルーサイトギャラリーで、幇間芸とパントマイムのコラボを観た。
出演は、日本に4人しかいないという幇間のうち悠玄亭玉八と、櫻川七好の2人。そしてパントマイマー兼かっぽれの橋本フサヨ。演出は鄭義信。それに、鳴物が望月左博巳、三味線が紫沙。どちらもきれいなおねえさん。
c0155474_213358100.jpg

ストーリーはあるようなないような。2人の幇間が幽霊が出るというウワサ話をしている。こう暑いなら、幽霊でも出て涼しくしてほしいものだとうそぶきながら、最近、いろんなものをやれとせがまれて困るとぼやきつつ芸を披露。そのうち一人がダンナに呼ばれて出かける。その間、もう一人の幇間が芸の練習をしていると、幽霊がちょっかいを出しはじめる。そうこうしているうちに出かけていた幇間も帰ってくる。幽霊とバッタリ。幽霊にお前も芸を披露してみろというと、幽霊はパントマイムを演じる。そのうちに、幽霊がダンナだったことがわかり、みんなでダンナが得意なかっぽれを踊る。かっぽれが最後、ムーンリバーの音楽にかわって幕。

ルーサイトギャラリーはかつて昭和の流行歌手、市丸のお屋敷だったところで、そこがいまはギャラリーとして使われている。舞台は2階で、窓から総武線と、船が行き来するのか見えて、とてもいい雰囲気。

悠玄亭玉八は、以前国立演芸場で観たことがあるが、こんなお座敷で見るのが、いかにもこじんまりしていていい感じ。
c0155474_21341610.jpg
c0155474_21342477.jpg

それにしても、さすがに3人ともうまい。
悠玄亭玉八は三味線でA列車で行こうとシャンソンの技巧を。それから政治家の声色、吉田茂、池田勇人、春日一幸、田中角栄・・・でも最近では全員がわかるのがいないと、天皇のマネ。(玉三郎と菊五郎はあまり似てなかったな)

櫻川七好は、昔宴会でだれか一人はやる人がいた,襖を使ったやりとりから。これに橋本フサヨが加わって大爆笑。もっともウケタのは,17歳だか18歳の少女のお参りとその70年後。手拭い1枚でこんなに変身するなんて! とくに老女を演じるにあたって、帯をずりずりっと、胸のすぐ下まで持ってきて、からだをまげるとあーら不思議、イッキにトシをとっちゃう。さすがであります。
c0155474_21424915.jpg

橋本さんの二人羽織を一人でやったかのようなマイムや、いつもながらのフラメンコかっぽれが楽しかった。最後全員でかっぽれを踊るシーンでは、玉八のほんのかすかな動きだけで、かっぽれの世界にどっぷりひたってしまったよ。
その後一緒に出かけた仲間と、浅草橋近くの串焼きやでイッパイ。「串焼き半額」の表示にひかれて入ったのだが、マッシュルームのアヒージョが秀逸だった。
c0155474_2144241.jpg


by sustena | 2011-09-07 21:45 | Theatre/Cinema | Comments(10)
Commented by jmiin at 2011-09-08 05:30
座敷おやじ????

座敷わらじのおやじ版?
Commented by esiko1837 at 2011-09-10 20:13
アヒージョ・・・初耳です。
どんなお料理なのでしょうか?

幇間の小説を読んだことがあったような無いような。
小説じゃなかったような小説のような・・・とにかく何か読みました。
Commented by Cakeater at 2011-09-10 22:52 x
esiko さんへ
ajillo というスペイン語のマドリッド方言読みがアヒージョ。YouTubeの料理ヴィデオに出てるシェフたちは、カスティーヤなまりで(ぼくもそうだけど)アヒーヨとかアヒーリョと発音してる人も多いです。英語では、garlic sauce つまり、ニンニクソースをまぶす料理全部がアジージョです。今夜は、僕は、豚バラと豆腐のバジルアヒーヨを作りました。
上のChampiniones al ajilloのChammpinionesを入れ替えて、それをオリーブオイルにニンニク(ajo アホ)の微塵切り入れて、唐辛子を加え、炒め、ドライシェリー(なけりゃ安白ワインの辛いやつ)レモンの絞り汁、塩コショウでちょい炒め、火を止めてからバジルやパセリで絡める味付をすりゃいいんです。チリペッパーとパプリカの粉がなけりゃ、ほんの少しカレー粉で隠し味にする。塩を強めにすると、冷や飯の上に載せてもおいしいです。もちろん、余った白ワインやドライシェリーでつまんでもおいしい。
オリーブオイルとニンニクと唐辛子、酒とレモン、塩と胡椒の7つが基本ですかね。あとは、醤油つかってもいいし、キムチつかってもいいのですね。
Commented by sustena at 2011-09-11 22:40
jmiin さん、幽霊みたいな、成仏できないダンナを登場させてたから、座敷ワラジのおやじ版から発想したんだと思います。
Commented by sustena at 2011-09-11 22:41
esikoさん、幇間は客の求めに応じていろんなことができなきゃいけないから、知識も知恵も芸もいる職業で、とってもタイヘンだなーと思った次第です。
Commented by sustena at 2011-09-11 22:43
Cakeaterさん、なんとまぁおいしそうな・・・・。私はポーリョ・コン・アッホが好き。単にオリーブオイルに、ニンニク一玉と鶏ブツ切りを入れてそのまま揚げてニンニクをなすりつけて食べるだけなんですけど、これはめちゃ簡単でオススメです。
Commented by esiko1837 at 2011-09-12 20:25
Cakeaterさん、詳しい説明をありがとうございました。
何にでも精通しておいでとは思っていましたが、お料理に対しても素晴らしいですね。
うちは醤油味の田舎料理が大半なので、正直言って・・ちんぷんかんぷんです・・ごめんなさい。
にんにくは韓国料理やカツオのたたきなどには使いますが
西洋料理をほとんど作らないのでレパートリーが狭いことこの上なしなのです。
もっと豊かにせねばと思いつつ・・・後退あるのみです・・。
Commented by Cakeater at 2011-09-12 21:08 x
ま、母親を二十歳前に亡くして、妹と一日交替で飯作ってましたせいで、柴田書店の料理本から試作して(実験体はオヤジと妹)、そのうち語学勉強かねていろいろ集めては試作試食して40年。。。自作派の料理マニアですかlolol. ミステリで出てきた料理を作るのが一番楽しいです。はい。
Commented by sustena at 2011-09-12 22:52
esikoさん、Cakeaterさんの食への精通ぶりは驚嘆しちゃいますよねぇ。(もちろん、横文字やミステリや、道具や工事やその他もろもろも)。いったい、1日に何時間あるのかしらーと思ってしまいますデス。
Commented by sustena at 2011-09-12 22:52
Cakeater さん、私は本に出てくる料理を想像してあれこれ楽しむのが好きです~。


<< 木内 昇『漂砂のうたう』      本郷での取材 >>