いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 22日

チャリ旅

このリビングに貼った四国の地図はネットで地図をプリントアウトしてつなぎ合わせたものだ。見えにくいけど、赤いルートは、この夏、豚児がまたぞろママチャリで旅している道。毎晩メールで報告があった箇所を書き入れているのだ。

東京を15日に発って、フェリーで徳島に着いたのが16日昼。当初は八十八箇所廻りをすると言っていたのだが、船の中で方針を変えたらしく、まずは美波町─室戸岬経由安芸-佐賀温泉-津島-道後温泉-新居浜-高松とずんずん進んでいる。

もっとゆっくり名所旧蹟を訪ねたらいいのに、と思うのはトシヨリであって、とにかくひたすら前へ、なのである。
c0155474_23571736.jpg


by sustena | 2011-08-22 23:58 | つれづれ | Comments(10)
Commented at 2011-08-23 11:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by esiko1837 at 2011-08-23 22:47
ご子息、またまた頑張ってるのですね。
我々の年代にはもう絶対に無理なことなので、
その若さが眩しく感じます。
変な人に騙されたりしないよう、祈っています。
日本国内だから大丈夫だとは思いますが。
それにしてもドンドン逞しくお育ちで羨ましいです!
Commented by sustena at 2011-08-23 23:15
Pくん、今回はフェリーニチャリをのせて徳島まで往復するので、ずいぶんラクチンなんです。熊本までと、宗谷岬まで出かけた愛用のママチャリです。私があまりに甘やかしの母なので、かえって自分を鍛えないとヤバイと思ってるのではないでせうか。
Commented by sustena at 2011-08-23 23:19
esikoさん、私も学生時代に東北を一人旅したり、半年ほどヨーロッパをほっつき歩いたりはしてましたが、こんな体力系ではなかったです。
やけに順調で、明日はもうフェリーに乗るという連絡が。予定より1週間早く帰ってくることに。チャリで八十八カ所巡礼だと、おそらくはバテバテだったんじゃないかと思いますけど。
Commented by Lucian at 2011-08-24 21:34 x
四国4県は岩手県と同じ面積なので、走行距離は私の家から海岸線経由でesikoさんの家までくらいかもしれないですね。
Commented by sustena at 2011-08-24 22:12
距離は見当もつかないんですけど、今回はかなーりラクだそうです。まだフェリーの中なので、ちゃんとヒアリングできていませんが。
野宿はしても、銭湯には必ず入るのは現代っ子であります。
Commented by Cakeater at 2011-08-24 23:47 x
ママチャリでってとこがすごいなあ。
今の西大井横須賀線の現場は、2kmほどに現場が点在するんで、ママチャリで移動してるのだけど、それでもアップダウンで大汗かいてるのです。それをスポーツ車やロード用でもないママチャリ(連続乗車は5kmが限界だろうといわれてる)を毎日ひたすら踏みまくって、先先と走っていく。。。うん、若さだなあ。ぼくなんか大学時代は、長期休みはほとんど、図書館にこもってたもん。駒場も本郷も開架の本は全部開くだけは開いたし、書庫もアルバイトやってDTTまみれになったりして、やっぱり全部さわったというのも面白かったけど、やっぱり旅行やってるほうが楽しかったかもしれないとちょっぴり後悔してます。走れ走れ若いもん。ですね。
Commented by sustena at 2011-08-27 15:29
一昨日の朝に帰って来ました。800kmは漕いだとのことで、写真を見ると平坦なばかりではなかったです。コンデジを手に持ったまま漕ぎながら動画を撮ってたりしてへぇーこんな道を、って思いました。
本郷の図書館は二度ぐらいしか入ったことがありません。アメリカンセンターの図書室もなんだかなーのラインナップで、駒場では指輪物語なんぞを借りていたし、学究生活とはついぞ縁がなかったデス。
Commented by jmiin at 2011-08-30 05:39
こりゃ凄い。

でも88ヶ所はやらなくて正解ですよ。
馬鹿みたいな山の中にお寺があって、こりゃ虐めだろう、と思っていました
から.....^^;
Commented by sustena at 2011-08-30 23:12
jmiinさんはこのあたりの地理には滅法強いのですよね。私はわが家になぜかお遍路の話という本があって、それと般若心経の本を息子に押しつけたんですけど、結局行かずじまい。本はそのままの姿で戻ってきました。それにしても、ああ、旅に出たいですぅ~。


<< 大塚国際美術館      ジェフリー・ディーヴァー『ロー... >>