2011年 07月 10日

暑い!

もう梅雨明けしちゃったそうなんである。
で、暑い、ひたすら暑い。こんな暑いなか、日本でも指折りの暑さの熊谷に行ってきた。

あちこちで「あついぞ熊谷!」というノボリがはためいているくらいのものなのである。
で、ここ熊谷市の名物が「雪くま」。

熊谷市のホームページによると・・・
----------------------------------------------------------------
「雪くま」は、熊谷のおいしい水から作った貫目氷を雪のようにふわふわに削り、協賛店ごとにオリジナルのシロップを使用したかき氷です。真夏の暑さとおいしい水で有名な熊谷で、暑さを元気に乗り切れるよう、かき氷をブランド化しました。市内外を問わず多くの人に親しんでいただき、暑い熊谷をさらに盛り上げたいという願いも込めています。
----------------------------------------------------------------

とのことであった。

今回頼んだのはいちごミルク。凍ったイチゴが入ってた。で、うたい文句通り、氷のシャリシャリした感じとはだいぶ違って、ふわっ、スッと一瞬で溶けてしまう感じ。
c0155474_224717100.jpg


by sustena | 2011-07-10 22:48 | 食べ物 | Comments(6)
Commented by jmiin at 2011-07-11 05:34
ふわっ スッ
いかもにそんな感じの質感の氷りですね。
これは美味しそうです......
Commented by Lucian at 2011-07-11 21:29 x
ふわっとする氷の削り方は、カンナで鰹節を削るように薄く削ることですが、このいちごミルクの写真で確認できました。
Commented by sustena at 2011-07-13 00:50
jmiinさん、大きなかき氷だとふつう、あきるし、途中でアタマがズキズキするけれど、そうなる前に食べ終わってしまいました。
Commented by sustena at 2011-07-13 00:51
Lucianさん、そういえば、ジャカシャカといい音がしていました。それと、氷の固め方にも秘訣があるんじゃないかしら? 
Commented by Cakeater at 2011-07-14 21:50 x
いずれにしても電気を食う・・・食わせるものですねlol.
Commented by sustena at 2011-07-15 12:54
電気でなくて、手でシャカシャカ回すのは疲れますしね。
妻有のトリエンナーレでみかんぐみが、自転車を漕いでかき氷を作るのを出していて、息子たちに挑戦させたけど、とても時間がかかりました。


<< 村上隆『芸術闘争論』      幼鳥 >>