いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 28日

見え隠れ

メゾン・エルメスの壁に埋め込まれた小さなウィンドウは、2カ月に一度くらい?の間隔で展示内容が変わる。
30cm四方ぐらいなので、カップやサイフやベルト、時計などちょっとした小物が飾られるのだけど、ただ商品を置くだけじゃツマラナイと思うのか、やりすぎじゃないんだろーか、と思うような、ちょっとヘンテコリンな展示が多い。

今回は2センチぐらいの帯の合間から、商品が覗いてる。ある角度からしか見えない。青とオレンジのツートンカラーだったり、オレンジの格子だったり、青のストライプだったりいくつかのバリエーションがある。

まぁ、ちょっと変わっていればなんでもアリなのよねー、きっと。
c0155474_22254619.jpg
c0155474_22255495.jpg
c0155474_2226348.jpg

c0155474_2191820.jpg


by sustena | 2011-06-28 22:26 | まち散歩 | Comments(2)
Commented by Lucian at 2011-06-29 20:42 x
映画やビデオ作品の予告ならチラ見せ効果があるんでしょうが、ショーウィンドウはどうなんでしょうね。
購入意欲の薄い商品なら逆効果かもしれません。
Commented by sustena at 2011-06-30 22:45
Lucianさん、ここのウィンドウは、ちょっと変わったディスプレイをやってみせることにこそ存在意義がありそうです。いつも、あれがほしいという気持ちはまったく起こさせない、異色のセンス。(もっともとうてい買えやしないけど)。


<< スイートバジル栽培中      禁止・制止・お願い・お詫び >>