いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 24日

観察

品川駅の通路を見ていて、ちょっと気になったのが張り出し窓用のこの部分。
猫ちゃんみたいなのがつながっていて、窓がしまっている箇所ではこんな感じ。
しくみが気になるなぁ。なんでこんな形にしたのかなあ。二つ折り?になるようなのじゃ不都合なのかなぁ。
CakeaterさんやLucianさんやiwamotoさんは、よーくご存知なんだろうなぁ。
c0155474_22291537.jpg
c0155474_22292351.jpg


by sustena | 2011-06-24 22:29 | つれづれ | Comments(10)
Commented by Lucian at 2011-06-24 23:21 x
これはプッシュプルチェーンといいます。
普通のチェーンは押すと曲がってしまうのですが、これは1つの方向にしか曲がらないので、押す・引く・格納が1本で出来てしまうのです。
二つ折りのバーだと格納も遠隔操作も難しくなりますね。
Commented by iwamoto at 2011-06-25 09:09 x
真空管などの増幅素子を正方向と負方向の対象に接続して、片方の信号を・・・、
これがプッシュプル回路ですが・・・(笑)

僭越ですが、Lucianさんの説明を補足しますと、バー式は開窓角度が任意に設定出来ませんよね。
(もちろんそれに対応した製品もあるのですが、操作が面倒)
それをも解決しているこのチェーン。 スバラシイ発明ですね。

あなたの眼力を持ってすれば、すぐに片側にしか曲がらないとお分かりでは?
Commented by Cakeater at 2011-06-25 10:32 x
わあ、初めて見ました。ぼくが岩本町の金物屋にいたのは、1994年で、このプッシュプルチェーン特許が1995年だから(電動東洋エクステリアのもの)、それ以降の金物なんですね。よくできてますねえ。
Commented by sustena at 2011-06-25 17:23
わーい、Lucianさん、さっそくありがとうございます!
格納と遠隔操作についてどうやるのかなーと思っていたんですが、キャブレックス オペレーター SL300を紹介したwebに図入りの説明があって、よーくわかりました。「ハンドルを回転するだけで多連窓の開閉が手元で簡単に行える」のは、スグレモノですねぇ。
Commented by sustena at 2011-06-25 17:25
iwamotoさん、実は初めて見たときに、このチェーンを格納してきるスペースが、ジャマっぽいなぁとヒソカに思ったのです。まとめて開閉ができたり、遠隔操作ができるなんて考えもしませんでした。なにごとも先達はありがたきかな。
Commented by sustena at 2011-06-25 17:27
Cakeaterさん、金物ってどこかソソルところがあります。グランドコモンズだったかのルーバー窓の角度を調整するパーツ(これまた名前をしらない)も美しくって、見とれちゃいました。
Commented by Cakeater at 2011-06-25 22:29 x
金物屋では、ステー(stay) と読んでます。細い棒状のものとか、薄板のもので、大きくなるとストッパーとかアーム。輸入物や時代物にはそれだけで見とれちゃう造形美のものがありますねえ。金物カタログには、多分、プッシュプルチェインステーとかチェインステーなんて名前で写真のステーは商品化されてるのかも。日本語使ってるメイカーもあって調整器というのが商品名です。
Commented by sustena at 2011-06-26 15:05
なるほどなるほど、「ステー」ですか。なかなか味わいのある用語ですねぇ。この場合は、調整器よりいいな。
Commented by ken_kisaragi at 2011-07-04 23:08
メカっぽくて素敵!
Commented by sustena at 2011-07-05 21:58
ワタシにとってはメカというより、おっ、顔らしきものが・・というアプローチなのでした。


<< 品川の犬      キヤノンギャラリーS 「MIK... >>