いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 19日

横丁の朝市

お袋さんと吉祥寺で飲み屋をやっているI君は、定期的に石巻にボランティアに出かけている。何回も通って、ツテができたので、石巻の農産物や、津波をかぶってラベルがはがれちゃった缶詰、日本酒などを、同じ横丁の仲間に声をかけてスタートする朝市で売るというので、散歩がてら買いに出かけた。

缶詰のラベルは、避難所のひとたちが描いてくれたのを貼ったもの。カンパも込みで、1個450円。サバ味噌やサケ缶など中身がわかるものもあったけれど、開けないとワカラナイという缶詰も。

こんどハエ取り紙や虫除けネット、蚊取り線香などを持ってまた出かけるという。本日の売り上げが、ほんのわずかでも支援のタシになるといいけれど。
c0155474_17401121.jpg
c0155474_17402449.jpg
c0155474_17403467.jpg
c0155474_17405036.jpg


by sustena | 2011-06-19 17:41 | つれづれ | Comments(4)
Commented by Lucian. at 2011-06-22 20:44 x
ビジネスが顧客満足度で評価されるように、ボランティアもどれだけ喜んでもらえたかが大切なんですね。
Commented by higphotos at 2011-06-23 13:30
ボランティアの方々、ご苦労様です。

そして、震災を経験したカンヅメ。
気持ちが繋がるものはさすがに、存在感がありますねぇ。

ハモニカ横丁も頑張っていますね。
お気に入りでよく迷い込んでいました。
Commented by sustena at 2011-06-24 22:04
ハモニカ横丁は狭いところにギッシリって感じがいいですよね。そこのおふくろ屋台で今度放送をやりたいなーと思ってるんですけど。
朝っぱらからひとがいっぱいいてビックリしました。
Commented by sustena at 2011-06-24 22:07
Lucianさん、どれだけ喜んでもらえたかっていうのはなかなかムズカシそうです。ありがとうを期待して行っちゃいけないような気がするけれど、ちょっとでも(ムリしてない)笑顔や、ホッとした表情に出会えたらやっぱりうれしいでしょうねぇ。


<< 荒木経惟+中上紀 『再びのソウ...      「バビロンの陽光」 >>