いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 07日

横浜美術館「生誕120年記念 長谷川潔展」

横浜に遠征するついでに出向いたのが横浜美術館。ここは、東日本大震災の影響で、予定していたプーシキン美術館展が流れてしまい(美術品を貸し出してもらえなかったのだ)、急遽実施することになったのが銅版画家の長谷川潔展だった。

長谷川潔というと、私は晩年のビロードのようなメゾチントしか知らなかったのだが、 自分なりの表現を求めて、若いときから試行錯誤をしていた様子がよくわかっておもしろかった。

Ⅰ.青年期 版画家としての出発 1913-1918
Ⅱ.渡仏後 模索の時代 1919-1924
Ⅲ.フランス画壇での活躍と技法的実験 1925-1940
Ⅳ.第二次世界大戦中の体験と精神性の深まり 1941-1970

墨のような黒を見出したときはどんな気持ちだったろう。

時間が足りなくて平常コレクションを観ることができなかったのが残念。
c0155474_152564.jpg

美術館前の広場はなんだかキリコみたいな風景だったな。
c0155474_153117.jpg


by sustena | 2011-05-07 01:53 | Art/Museum | Comments(2)
Commented at 2011-05-07 04:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2011-05-08 21:00
Pくん、この天井、内側に飛び出て見えませんか?


<< 廃墟と廃虚      マネしたいメニュー >>