2011年 04月 30日

プロペラ

なんでもよく知っているiwamotoさんが、カエデのプロペラの話を教えてくださって、このところカエデをあちこちで見るたびに、「あー、こっちにもある~」とやたら目につくようになってしまう。
とーってもかわいい。風が強い日などは100mぐらいぶーんと飛んでいくんだろうなぁ。
c0155474_23322392.jpg
c0155474_2332319.jpg
c0155474_23323860.jpg
c0155474_23324756.jpg


by sustena | 2011-04-30 23:33 | 小さな自然 | Comments(4)
Commented by Cakeater at 2011-05-01 12:47 x
以前、どこだったか忘れましたが、山手線内の子ども自然教育施設の中で、このプロペラが何故飛べるかのモデル実験をやってましたね。三十センチもある巨大なプロペラが透明なアクリル筒の中に入ってて、下から風が吹き上げてくるだけですが、見ててあきませんでした。
Commented by iwamoto at 2011-05-01 18:38 x
こんにちは。 「翼果/ヨクカ」という言葉を出して頂いた方が分かりやすく、しかも印象に残るかしら、と思いました(笑)
サステナさん、もっと大きな写真をどうぞ。 このコメントの署名からから飛べるようにしておきます。 こちらは7月の記事でしたよ。
Commented by sustena at 2011-05-02 00:50
Cakeater さん、カエデに限らず、タネの形はどれも興味深いですね。フウセンカヅラのハート形もかわいいし。
Commented by sustena at 2011-05-02 00:52
iwamotoさんのエントリーのタイトルが翼果なのですね。美しすぎる~。それにしても、今までカエデの新緑の何を見てきたのかしらって思いますよー(;o;) 見えてるようで見てないことばかりなのです。


<< GWの公園      「ホンマタカシ ニュー・ドキュ... >>