2011年 04月 28日

「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」

日曜日は、初台の東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」展に出かけた。これは金沢の21世紀美術展でやって評判になったののの巡回展という。

ホンマタカシは、あのなんとなくアンニュイなポートレートが大好きなんだけど、こんなふうに写真ってなんだろうと思わせる展覧会を見ると、しばらく、ボーゼンとしちゃう。

7つの作品群からなる。
Tokyo and My Daughterは、一瞬娘の成長を記録した家族アルバム風なんでけど、このかわいい女の子はホンマさんの娘じゃないし、女の子の家族がとった写真の複写も入っていて、ちょっと不思議。それが東京の写真がときどきに混じることによって、たしかにこの少女の成長を時代とともに追っている気になっちゃう。

Widowsは、ジェノバに住む11人の未亡人の住まいや、彼女達のアルバムからとられた古いスナップ写真の複写などがシャッフルされて並んでいる。
記憶がふわふわ漂ってくるような写真群。

Mはアメリカ郊外のマクドナルドを撮った写真をシルクスクリーンにした37点。

おもしろかったのは、re-constructionのコーナー。ここは、ホンマさんが撮った雑誌の表紙や記事、広告の仕事を再度雑貨ごと、ポスターごと撮影して最編集したものを本の形にまとめたもの。この編集の仕方が、とってもすてきだったな。

また、Together:Wildlife Corridors in Los Angelesは、自然と町の境界をハイウェイが通るLA郊外のどこまでも殺風景な場所が、実はマウンテンライオンが通る場所なんだと伝えるテキストによって、心の奥底をヒタヒタと忍び寄るケモノの足跡の残る風景に変容する。

Trailsは、知床の森で鹿狩りに随行して、雪の上に点々と残る血のごときものを並べる。でも、そのためのドローイングも合せて掲載されていて、いったいこの赤いものは動物の血なのか、絵の具なのか、先入観を大きくゆさぶられることになる。

こうした一連の心の動きがドキュメンタリーでもあるのかなぁ。

最後に中平卓馬のタバコに火をつける映像が流れる。なにか展開するのかなーと思ってしばらく見てたけど、延々同じシーンなのだった。
c0155474_22584097.jpg

上の階では、李禹煥(リー・ウファン)と韓国の作家たち」展。李禹煥の点や線、あれだけで精神性を感じさせるアートになるなんて~。彼の「線より」を見るたび、尾形光琳の「燕子花図屏風」を連想しちゃう。
c0155474_22585629.jpg

このあとは、てくてく幡ヶ谷まで歩いてそば屋へ。このところ、なんだかソバ屋へ行くために、アート展を見てるような・・・。出かけたのは、「蕎麦屋ふじ多」。夫婦でやってらして、出てくるまで時間がかかるけど、なかなかおいしかったな。つまみの量がタップリなのもマル。
c0155474_22592769.jpg
c0155474_22593832.jpg


by sustena | 2011-04-28 01:04 | Art/Museum | Comments(6)
Commented by jmiin at 2011-04-28 05:37
自動車標識の影 いいですねぇ。
こう言うのは一度ちゃんと撮りたいと思っていたので、やられた感があります^^;
Commented by esiko1837 at 2011-04-30 21:00
連ちゃんで蕎麦が載ってるなんて、サステナさんはよっぽど好きなのねえ。
岩手は蕎麦の産地なので、手打ち蕎麦の店が結構多いみたいなんだけど、
私はうんと好きなわけでもないので、店については詳しくありません。
平泉に、こだわって自分で蕎麦まで育てて出してる人がいるそうなんですが、
お客さんは怒られてるようで食べた気がしないという話も聞こえてきます。
何事もトータルバランスですよね。
ここのお蕎麦は美味しそう!
うちの近所に、70代の女性が手打ちで出してる店があるんですよ。
美味しいです。
Commented by ken_kisaragi at 2011-04-30 23:39
ホンマ調とも言うべき時代の空気感じさせる写真。
この人、広告で生きてくるような気がするのです。
なんか雑誌で見ても癒し感じさせます。

つまみ・・・お酒のかしら? 日本酒ちょっといきたくなりますね。
Commented by sustena at 2011-05-01 00:22
影の魔術師のようなjmiinさんにはおよびもつきませんが、陰ってけっこう惹かれます。これは最初、なんだかわからないけど、気になる風景だなーと撮って、あとで、ああ,この陰のせいだったんだ、と気づきました。
Commented by sustena at 2011-05-01 00:23
esikoさん、蕎麦はけっこう好きなんです。で、いろんな蕎麦を食べてみようと思って、散歩がてら出かけるということを月に1回ぐらいやってるんですけど、たまたま新聞の販売店からチケットをもらったので、連チャンで出かけたんです。で、本日も行ってきました・・・。
Commented by sustena at 2011-05-01 00:29
ホンマさんは、Coyoteの写真とか好きだったな・・・。こーゆー写真を見ると、私はただカメラまかせにただシャッターを押してるだけだなーといつも思うのでした。kenさん、ワタシはそば屋ではいつも日本酒でーす。


<< プロペラ      倉俣史朗とエットレ・ソットサス展 >>