2011年 03月 17日

銀座ニコンサロンの2つの写真展から

銀座にはNikonとキヤノンとリコーの写真ギャラリーがあるのだが、キヤノンは3月14日(月)~3月23日(水)まで臨時休館、リコーも3月16日(水)~3月18日(金)まで臨時休館。

c0155474_22211995.jpgそこで今週は、銀座Nikonサロンで、火曜日に増田彰久さんの『「現存せず」 消えた西洋館』を、そして本日は、石川武志さんの『ガンガー巡礼』を見てきた。

増田さんの「現存せず」は、明治、大正、昭和戦前に建てられた近代建築を撮ったもの。有楽町にあった日劇や、青山の同潤会アパート、浅草松竹映画劇場、新橋演舞場、神戸女学院の図書館、豊多摩監獄・・・といった、この40年の間に消えた日本のあちこちにあった西洋館、カラー65点が並んでいた。増田さんの近代建築の写真は、藤森照信さんの本などでも何度も見たことがあるけれど、プリントで見たのは今回が初めて。ニッポンが高度経済成長期からバブルの頃へと突っ走るなかで、時代にあわなくなったからと建て替えられたものが大半だが、あらためて、大事なものをなくした感じがしたなぁ。

・・・・建築は歴史や記憶を秘めた私たちの文化遺産である。建物は、建てられたその場所に残っていないとダメである。建物が消えると言うことは、人々の記憶からも消えることなのである。
(展覧会案内より)

さて、本日見た『ガンガー巡礼』は、ヒマラヤの氷をその源とし、ベンガル湾へと注ぐ約3000キロに及ぶインドのガンジス河(=ガンガー)を30年にわたりたびたび訪れ、写真におさめたもの。その中から選ばれたモノクロ約50点が展示されている。

お馴染みの沐浴や、お祭り、裸体に牛糞を焼いた灰を塗ったサドゥーたち・・・生と死、神聖と穢れ、彼岸と此岸との間を交錯するこの「母なる河」で、レンズを通して石川さんが見た光景、幻想の劇場がちょっぴりどんよりしたモノクロで重くしみわたる。(もうちょっとディテールの出ているプリントのほうが好みだけれど)

粒子感が違うのがあったので聞いてみたら、最近はデジカメを使っていて、カラーで撮ったものをモノクロ変換したものも含まれているんだそうだ。

手足がなくなった死体の写真などもあったのだが、震災に配慮して展示しなかったものもあるとのこと。ほんとにやるの?と問い合わせも多かったと石川さん。

インドはアフリカやブータンに行ったときにちょっと立ち寄ったぐらいで、じっくり見て回っていないのだが、ほんの一日ぐらいの滞在でも、なんだか圧倒されるような気がする国のひとつ。
通常ならばふらっと立ち寄る人も多いのだが、ちょっぴり入りが悪い感じ。大勢のひとが訪れ、インドと日本の死生観や、滔々たる河に思いをはせる機会になればと思ったことだった。

許可をいただいたので、案内状を大きめに載せます。
c0155474_22455729.jpg


会社へ戻る道、花やさんでチューリップや吉野桜やマーガレットがきれいだった。
c0155474_230141.jpg
GRD3

by sustena | 2011-03-17 22:59 | Art/Museum | Comments(4)
Commented by esiko1837 at 2011-03-18 14:06
何事もなかったかのように、普通に更新されているサステナさんのブログはほっとします。
さっき、価格コムに行ってみたら、こういう非常時にそんなこと言ってていいのかとか何とか荒れていました。
そう言ってる人だってこういう非常時に価格コムを覗いてたっつーの!
ということで、こういう写真展が中止されなかったのはいいと思います。
行って見たサステナさんもね。
Commented by Cakeater at 2011-03-20 14:11 x
土曜日に、現場中止が決まってから築地で朝飯を食べた後、リコー、ニコンサロンと回りましたが、臨時閉館。ちょっとがっかりしました。でもまあ、大地震の翌朝午前中に写真展に出かけるほうが非常識なんだろうなあ。
金、土と朝7時に品川駅で降りたのですが、新幹線で西へ放射線避難する母子連れが多いことにあきれました。港南あたりでは町内で有志が貸切バスを仕立てて疎開したところもあると昼飯を食べながら聞いて口アングリ。若い作業員曰く、こちとら逃げたくても今日家に帰るガソリンすら売り切れだ。。。親方答えて、お、それなら月曜日もここに来るなら、俺の車から貸してやる。借り逃げすんなよ。
Commented by sustena at 2011-03-20 17:51
esikoさん、その後もあちこちである地震や余震、原発も心配ですが、それ以上に、ヨーロッパをうろうろしている息子のことが心配なんですよ~。なるべく通常通りと心がけていないと、ついマイナーな気持ちになりそうなんです、実のところ。
Commented by sustena at 2011-03-20 17:54
Cakeater さん、土曜日の閉館は無理ないんじゃないでしょうか。近くの外国人アーチスト向けのレジデンスと画廊をやっている知人が、滞在外国人が全員引き上げてしまったと言ってました。私は車を持っていないから眺めているだけですが、ガソリンスタンドの列の長さはあきれるくらいです。


<< 森村泰昌 「肖像経済、その他」      消えたデジタルサイネージ >>