いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 15日

できること、できないこと

私のブログを見て、危機感がなさすぎる、ノー天気だとあきれ返っていた知人がいた。

たしかに、非常事態ではある

私も何時間もかけて歩いて帰って、その翌日はちょっとハイだったけど、ことの大きさがじわじわ~としみわたってくるにつれ、バクゼンとした不安が広がっていく。ましてや、夜中にきょうみたいに地震があると、ちょっとドキドキする。

でもこんなときだからこそ、努めて冷静に、「できること」「できないこと」、自分で「コントロールできること」「できないこと」を分けて、できることをちゃんちゃんとやっていくしかないって思ってる。そして、報道のどこまでが事実で、どこからが推論で、これは希望的観測だから、最悪の事態はこうなのだな、とイロイロ考えて、情報を判断していくしかないかなーと思ってる。
放射性ヨウ素に関する根拠のないチェーンメールが飛んできたら、科学的根拠は??、と眉にツバをつける。

こんなときに、何の役にも立たないブログなんか、という声があるのも十分に承知してる。
でもでも・・・・。

13・14日には上演していた国立劇場の歌舞伎が「時局を鑑み」中止になった。
c0155474_973535.jpg

よそはとうかなと調べてみると・・・。

世田谷パブリックシアターでは、「アーティストの意向を尊重し、計画停電等の節電の状況を勘案しつつ文化事業を実施する予定」とホームページにあった。

井上ひさしの「日本人のへそ」を上演中のこまつ座は、3月11日(金)夜公演、3月12日(土)昼、夜公演の合計3公演を中止したが、3月13日(日)公演から予定通りの上演を行っている。来られない人には振り替えが返金かの対応も行っている。(国立劇場も当初はこの方針だったのだが、国立ゆえにくつがえったのだろう)

そして、こまつ座は上演を続ける理由をこう記す。

「井上ひさしは東北人で、この「日本人のへそ」も岩手の山奥で生まれた女の子の半生が描かれています。何より東北を愛した井上ひさしのデビュー作となります。
 当たり前の日常の幸せをライフワークとして書き続けた井上ひさしが生きていたら、まさに市井の人々日常を一瞬にして奪った今回の被害の状態をどう受け止めたのだろうか、私たちはこの公演を続けるべきなのであろうか、座内でも議論と検討を重ねてまいりました。「演劇の力」を信じていた井上ひさしならどう考えるか真剣に悩みました。
そして、井上ひさしの追悼ファイナルであったこの公演は、私たちにとって大変大きな意味を持つ公演だからこそ、こんな状態でも、観に来て下さるお客様が一人でもいる限り、こまつ座はこの作品を上演していこうということになりました。

日常は続く。

テレビや新聞を見るたび、被害の甚大さに言葉もないが、でもやはり被災したひとの気持ちはわからないと思う。そして、わかりっこないかもしれないけれども、想像力や、被害を思いめぐらす心だけは、持っていたいと思う。

そんなことをあれこれ考えていたら、明け方に旅行中の息子からSOSの電話が入った。偽警察官にお金を10万盗られたというのである。あ~、めちゃくちゃバカ~。
あいにく現金しか持って行ってない。こんなこともあろうかと、去年作った海外でお金をおろせるJTBのグローバルキャッシュカードもあれだけ口うるさく言っておいたのに、机の中に忘れたのかないと泣き泣きである。

大使館にかけこむか、イギリスにいる知人宅を訪ねてそこにお金を振り込むか・・とあれこれ手段を考えて、グローバルキャッシュカードの再発行の手があることに思い至った。なんとかなるぞっ。

どうせフワフワしてたに違いないが・・・。息子のことはコントロールできないことなのであった。

本日のどんより空をぱちり。
c0155474_23315675.jpg


by sustena | 2011-03-15 23:42 | つれづれ | Comments(6)
Commented by Cakeater at 2011-03-16 08:58 x
ノーテンキでいいんだと思いますよ。NYのたびささんのブログみたいに、こういうときだから、笑いが浮かぶようなブログを意識的に書こうというのと同じ見識です。どんなときでも、きちんと一次情報を発信するのがブログの価値なんですから。無事・普通である確率的幸運さを自覚して、天災にあった人たちと生き物のことを語らずとも忘れなければ。
それにしても、息子さん、お人よしすぎるかなあ。同僚にも一人いるけどありとあらゆる詐欺にひっかかるのが。コージーミステリのネタ集めに出かけたみたいですねえ。(笑い)
Commented by sustena at 2011-03-16 09:13
Cakeaterさん、ありがとうございます。これでもネタには少しは注意してるんですけど(それにしても石原発言のようなホンネまるだしのもあって、興味深いことではあります)
息子はまぁ国内と同じ感覚でいるんだから呆れてしまう。カモネギなのよね。これで身にしみてくれたらX100の値段だ(T_T)と思えばいいんだけど、学習しないヤツだからなぁ・・・・。
Commented by higphotos at 2011-03-16 12:43
ご心配頂いてありがとうございました。
家族一同、無事です。
やはり、sustenaも難民だったのですね。
東京もまだまだ大変ですが、お互いに頑張りましょう。
Commented by ken_kisaragi at 2011-03-17 00:05
しかし、偽警官に10万! 腹立ちますね。
うちの母が海外旅行中にクレジットカード紛失して再発行、
現地カウンターで翌日OK。
結局は旅行カバン中から見つかったらしいです(^^;)

東京も大変かと・・お見舞い申し上げます。

Commented by sustena at 2011-03-17 00:46
higphotosさん、あちこちで大きい地震があるので心配ですね。今回の地震で、複数の情報源を持つ必要を感じたので、このところ、携帯ラジオをバッグに入れて通勤時に聞いてます。
Commented by sustena at 2011-03-17 00:51
ken_kisaragiさん、腹が立つ前にボーゼンでした。内憂外患というか、地震以上におバカな豚児が心配というか・・・。
仕事面では、予定していた広告やイベントが吹っ飛んだりでこちらも打撃。とはいえ、もうなるようにしかならないと開き直ってます。


<< 消えたデジタルサイネージ      通勤難民の朝 >>