いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 13日

帰宅難民と旅の友

地震の日。東京でも震度5強となった。17時を過ぎて、「帰れる人はテキトーに帰るように」、というなんともいい加減な会社からの指示があり、さて、電車再開まで会社でじっとしているべきかどうか、大いに迷った。
webで交通情報を調べてみても、当分復旧しそうにない。バスも動いているかどうかわからないし、第一、銀座か新橋または東京からどんなルートがあるかわかるない。都バスの交通ルートのwebサイトにアクセスしても、まったく表示されず、キャッシュを見ると、渋谷へのルートはあるが定かではない。

本来はジタバタしないで、安全な場所にいるのが鉄則ではあるのだが、翌日は地域のラジオの公開放送で大切なゲストが来ることになっている。
余震の心配はあるが、日比谷公園-皇居脇としばらくはそれほど家屋が密集していないだろうし・・・・と、知人に交通復旧がわかったらメールしてくれるように頼み、よくわかっている道路までの地図をざっとプリントアウトして夕方17時50分、会社を出ることにした。

途中、パン屋があったので、翌朝用のフランスパンと、途中でおなかがすいたときの用心に、甘いパンをひとつ仕入れて、もくもくと歩く。
c0155474_15544195.jpg
c0155474_15545151.jpg

おお~国会議事堂だ~
c0155474_155538100.jpg

18時半、国会図書館の前のバス停に8人ぐらい並んでいる。行き先を見ると、新宿行きのバスが1時間に2本あるらしい。逡巡していると、道路の反対側を新橋行きのバスが走っていった。バスが動いている!この道路は比較的すいている。ちょっとだけ待つかな・・・・・・・・

しかーし、待てど暮らせどバスはやってこない。でも歩き始めたあとバスがやってきたらシャクである。とにかく30分、19時まで待ってみることにするが次第に寒くなってくる。バスの運行状況を知らせるランプのようなものもない。

そんなとき、「バスは来ますかねぇ。私は国会図書館に500回も通ってますが、ここのバスは1分たりとも遅れたことがないんですよ」と隣のそのまた隣のおじいさんが声をかけてきた。
「動いてはいるようなんですけど、これだけの地震でしたしね」
なんて話をしていたら。またもや新橋行きのバスが通っていく。
「これが2台目なんですけど、なぜか新橋からはこないんですよ」
なんて話をしているうち、隣の別のおじさんがスマートフォンを駆使して、どうやら新橋駅で40分止まっていたが動きはじめた、という情報をキャッチする。
「わー、じゃぁ、もうじきかもしれませんね」・・・それから15分ぐらいして、満員のバスが「「次のバスをご利用ください」と言い残して去っていく。もう1台すぐ来るという保証はないし、仮にすぐ来たとしても、どうせ次も満員に決まってる・・・・。

そこで私は決意した。
「国会議員の知り合いはいるけれど、議員会館にいきなりおしかけていくわけにもいかない。昔、自転車でこのあたりまで通っていたときに、社民党本部にはパンクの修理でお世話になったけれども助けてくれるとは限らない。きょうはあいにくコートを置いてきてしまった」など嘆く、くだんのおじいさんに、「とにかく一緒に新宿まで行こう!」と声をかけ、バス停をあとにしたのである。すでに19時20分近くになっていた。

歩く道すがら話をしているうちに、その人は、私がかつて通っていた大学で教鞭をとっていたことが判明した。物理を教えていて、退官後は日本とオランダの技術交流史を調べているのだという。で、シーボルトと高野長英の話とか、東海道は三条大橋から日本橋までじゃなくて、京都の愛宕山から愛宕山までと書いてある本があったとか、昔自転車で通っていたときに、自転車泥棒と間違えられて交番につれていかれて風邪をうつされた話だの、あれこれしゃべりながら歩いたのである。

「自転車でよく通っていたから、ルートはお任せください」、って言ってのに、ビルがいっぱい建ってわからなくなったと途中で不安そうにするので、「人波についていけば大丈夫!」。

途中にあったコンビニを眺めると、トイレは長蛇の列でお弁当やおにぎりの棚はからっぽである。

ホテルオークラがあったのでそこでトイレを借り、「いざとなったらなーに、こんな高いところは問題外だけど、襲わないからラブホテルにでも行けばいいですよ~」なんて軽口とたたきつつ、「とにかく新宿まで行って、そこでバスがあるかもしれないし、飢えたらどこかレストランに入りましょうよ」と言いいいし、ようよう新宿にたどり着いたのが21時ちょっと前。

少しでもあたたかいほうがいいと地下街を行くと、いつもは開いているお店もみなシャッターが閉まり、大勢があちこちに座り込んでいる。公衆電話には長い列。
「新宿を歩いたのは安保のデモ以来だ」と最初ははしゃいでいた先生も、「まるで1984年ですなぁ」

新宿駅西口は、驚くべきほど長いバス待ちの列!それぞれの列に何百人並んでいるんだろう・・・?

その先生の自宅近くに行くバス停を一緒に探していると、都営大江戸線が動き出したという放送が入った。光が丘からは歩いて3kmでたまに散歩する道だから、目をつぶってでも帰れるとのことなので、一緒に大江戸線へ。中野坂上で別れを惜しみ、それから一人になって、荻窪めざして歩き続ける。

あたたかいお茶をふるまっている人。あちこちの店の前にあった「トイレをご自由に」という看板。電話を自由にお使いくださいと、お店の前に3台置いてあったのを見たときは、うれしかったなぁ。
c0155474_16351943.jpg
c0155474_16353063.jpg
c0155474_16354151.jpg
c0155474_16354878.jpg

こうして、やっと家に帰り着いたのが12時ちょっと前。海外旅行の土産の置物が倒れてちょっと壊れていたぐらいで、無事でほっとしたことでした。
GRD3

by sustena | 2011-03-13 16:40 | つれづれ | Comments(9)
Commented by iwamoto at 2011-03-13 17:55 x
良いレポートだけど、遅いよ!
心配するでしょ。 一言「大丈夫」って当日中に言えないものでしょうか。 もぉ。
Commented by Cakeater at 2011-03-13 18:04 x
わははけっこう歩きましたね。
ぼくはその瞬間、レインボウブリッジの上でジェットコースター(ゆれぐあいも音も)体験した後、のんびり海上保安庁の火事を撮って、ゆりかもめで帰るつもりがとまっているとわかって、橋を戻って、もう閉鎖したから階段でおりてください。。。品川へ歩いたのが運の尽き(田町へ歩いて、渋谷へのバスを捕まえ、そこから阿佐ヶ谷のバスを捕まえればよかった)バスを二時間半待って、四時間乗車して新宿一丁目で見切り(0:00)、歩いて西口へ、丸の内線で戻ったら午前2時半でした。で、5時半の地下鉄に乗るので五時に家をでて。。。お互いお疲れ様でした、ですね。
Commented by Cakeater at 2011-03-13 18:15 x
追記:バス路線をネットがアウトで混乱時に知りたいときはバス案内所へ行けば、(ここで職員に尋ねても無駄)都営バスの全路線図と都内詳細地図のついたのがあります。便数の多いところは太線、品川ー西新宿みたいに一時間3本くらいなら細い線で全停留所表示されたもので、ほとんど誰も知らないからいっぱい在庫されてます。この次は是非ご利用くださいな。
Commented at 2011-03-13 19:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-13 19:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2011-03-13 23:54
iwamotoさーん、イッパイイッパイだったの~。
Commented by sustena at 2011-03-13 23:58
Cakeaterさん、私にとっては、新潟地震以来の揺れでした。 バスで変えるならこう、徒歩ならこうと、平時にちゃんとシミュレーションしておくべきですね。でもどこにいるかわからないから、バスルートはちゃんとゲットして、カバンに入れておくのがいいですね。それペン型とかカード型とかなんでもいいけど、軽いラジオを。
もっとも、青梅街道をずっと歩いていたときでも、新宿から杉並車庫まで台しか出会わなかったので、あんなに詰まってしまうと、バスもゼンゼン頼りにならないことがわかりますね。お疲れさまでしたm(_ _)m
Commented by sustena at 2011-03-13 23:59
Pくん、ケータイメールを送ってみたんですが、返信がないんです。まぁケータイは電池が入っていないかもしれないし、通信状態が悪いかもしれない。返事どころではないかもしれないのですが、心配です。
Commented by sustena at 2011-03-14 00:02
お兄さーん。ご指摘の通り・・・。夜中に、真っ先にお姉さんのブログを見て、カンチガイしちゃった。むちゃくちゃ心配です(;o;) 


<< 西原理恵子「きみのかみさま」      プチ痛い目 >>