いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 10日

プチ痛い目

いま息子は友人2人とイタリアにいる。おとといの早朝、旅立ったのだ。

去年の春休みは、JTBの学生向けの格安パック、確か7日間か8日間、飛行機とホテルがセットになっていてあとはフリーのツアーを利用してローマを中心にまわった。今回は全部自分で組み立てたいと、あれこれ資料を集めて、大騒ぎで航空券を取り、10日前に3週間のユーレイルユースパスをゲットし、1週間ほど前にhotels.comで3人一部屋6000円ぐらいの部屋を予約して、まぁ彼らなりに準備は進めているようにみえた。航空券やユーレイルパスの探し方などはだいぶあれこれ口出ししてしまったけれども。

学生時代は私も半年ひとりで旅をしてまわっていたくせに、いざ息子が行くとなると、危なっかしくてあれこれ口を出したくなる。でもいいかげん、親の言うことなんぞ聞く耳を持たない。eチケットの番号は、ケータイにもメモしておけ、海外で引き出せるカードに入金しておけ、とあれこれ言うが、左から右である。

前日は夜中までああでもないこうでもないとパッキングしていて、小さいカバンでは入らないと、結局、ペラペラのスポーツバッグに詰めなおしたりしてる。そういうのを横目で見ると、ここはああ・あそこはこうと言いたくなるがグッとこらえて、さて翌日。朝4時45分起床。なんと昨日持っていくことにしていたデイパックを放り投げ、本1冊とちょっとぐらいしか入らなさそうなバッグに交換したりしてる。えー、5時10分集合なのに、なんだってそんなことやってるわけ~? 挙げ句の果てに5時5分になって、泊まるホテルの場所をネット検索してプリントアウトしてほしいと言い出した。あまりの泥縄にあきれ果てた母は、そんなことは、向うに着いてから空港で聞け!とそのまま送り出したら、なんと、ガイドブックの忘れ物が・・。送り出したらそのまま寝るつもりでパジャマだったのに、着替えて届けにいく。とほほ、小学校の遠足じゃあるまいし・・・。

その夜。一緒に出かける友人の両親と飲んだ。彼らも、寸前にクレジットカードに申し込んだが間に合わなかったとか、空港からどうやって市内に行くかも調べていないのだ、しかも地図を置き忘れて行った・・などと、甘ちゃんの息子たちをお互いに嘆きあった。

ナメてるよねぇ。ほんの少しだけ痛い目に遭って、学習するしかないかなぁ。ちゃんと糧になるといいけど・・・と、心配しだしたらキリがないのであった。

ローマ2泊のあとは、ナポリからマテーラやアルベロベッロあたりを見て、スロヴェニアやオーストリア、チェコをまわり、ドイツ、ベルギーをまわり、オランダから帰ってくるつもりという。まぁルートはどうなるかわからないけれど。

けさ、第一報のメールが届いた。「今ついた。タクシーでぼったくられた。これから寝ます」

おやおや早速・・・・。戻ってくるのは4月1日の予定である。
c0155474_23461824.jpg


by sustena | 2011-03-10 15:22 | つれづれ | Comments(6)
Commented by jmiin at 2011-03-11 05:45
ははは
ぼったくりタクシーは、事前に行き方をカンペキに準備していても、
ぼったくくタクシーはぼったくるから、仕方ないんじゃないですか?

きっと息子さん達の容姿から、ぼったくれる、と運ちゃんに判断して
もらったのでしょう^^;
Commented by esiko1837 at 2011-03-11 09:40
自分のことだとあまり心配しないのに、子供のことだとどうしても心配になるのが親の常です。
可愛い子には旅をと言いますから、サステナさんもこらえてください。
子供のことであれこれ心配したり泡喰ってたりするのも今の内で、
そのうち置いてけぼりになりますからね。
ボッタクリかあ・・・・歌舞伎町より怖くないと思って諦めましょう。
とは言っても、大観光地の表玄関でそういう実態があることは問題ですよねえ。
あと20日、一人で寂しいでしょうが耐えてくださいませ。
Commented by iwamoto at 2011-03-11 13:00 x
アルベロベッロって、あの可愛いお家のあるところですね。
全ては、必ず糧になるのです。 そうだったでしょ?
Commented by sustena at 2011-03-13 17:18
jmiinさん、少なくともどれくらいかかるのか確認してから載るべきなんですよ~
でもぼったくられたというより、単にガイドブックに書いてあったより高かった、というぐらいではないかと想像してるんですけどね。
Commented by sustena at 2011-03-13 17:21
esikoさん、おっしゃるとおりだとは思います。子離れの訓練だと思って、じっと耐えてます。こんどの地震を知らせてやると、ニュースをビデオに取っておいてと、まぁ能天気な返事。でもこっちにいて、バイト先だったとしたら、ひょっとしてゴンドラに乗っていた最中だったかとか、連絡がつかないなどとあせっていたかもしれません。
Commented by sustena at 2011-03-13 17:23
iwamotoさん、はい、一昨年だったか、私が行ってきたときの写真を見ていきたくなったらしいです。
失敗も糧にはなりますが、失敗から学ばないひとも多いのです。私のことかもしれませんが。


<< 帰宅難民と旅の友      野田秀樹「南へ」 >>