いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 03日

雛と皺、左と右

本日、日本橋三越の地下を通ったら(クライアントのところに行く近道なので)、たねやに長蛇の列。そうか、雛祭りだったなぁ・・。

そういえば、某お天気お姉さんのTwitterに、「雛祭りと皺祭りの漢字は似ているけど、皺祭りはこわい」とかなんとかいうのがあったそうな。雛と皺の字が似ているなんて、考えたこともなかったなぁ。

ところで、先日民芸品やさんで、お雛さまの起き上がりこぼしがあったのでゲット。写真を撮ろうとして、はて、どっちが右だったか・・・?と悩んでしまった。

たしか陰陽でいくと左が陽、右が陰だから男は左、女は右で、左大臣と右大臣だったら、左がエライはずなんだけど、それが向かって左なのか、どうなのか??

宮中の紫宸殿で、「天子南面す」ということで天子が南に面して座ると、下々から向かって右が天皇で、明治天皇の時代までは天皇は向かって右だった。でも、文明開化で欧米の王と王妃は、向かって左が王だからってんで、以後左右を逆にしちゃったって話があって、やっぱりなんだかよくワカラナイ。

とゆーわけで、京都あたりでは男雛を向かって右に置く家が多いそうな。庄内で昔みたときも、右が男雛だったような気がするけど、もはやウロ覚えモード。でも最近は男雛が左のほうが一般的な気がする。むむむ~ぅ。

悩みながら撮ったから手ブレしてるし~。
c0155474_22523815.jpg


by sustena | 2011-03-03 22:53 | つれづれ | Comments(8)
Commented by esiko1837 at 2011-03-04 13:13
あ・・・おひな様・・・我が家では最近、とんと無関心になりました。
隣町ではさびれた商店街をなんとかしようと、店々の表にひな人形を飾って町おこしを図っています。
先日行った温泉のロビーにも大きなひな壇が飾ってありました。
この起きあがりこぼしのおひな様はなんとも素朴で可愛らしいですね。
東北ローカルニュースで、古い土人形のおひな様は何度も見ましたが、こういうのも可愛らしくていいですね。
いつか見つけたら、私も買おうかなと思います。
Commented by iwamoto at 2011-03-04 19:32 x
う〜〜ん、なんたる教養。 深い! 深過ぎて底が見えん。
う〜〜ん、なんたる品格。 高い! 高過ぎて先が見えん。
こういうお洒落な話を書きたいものです。
Commented by Lucian at 2011-03-04 20:21 x
「天子南面す」ると左の東側から偉大な太陽が昇るので、左を陽として偉いことにしたのですが、これは日本のローカル事情ですね。
向かって左に男雛を置くのが現代式でメジャーですが、古式ゆかしく行ないたいなら右です。
Commented by Cakeater at 2011-03-04 20:36 x
チェスのクイーンはむかってみると左側、キングは右側ですね。

Commented by sustena at 2011-03-04 22:09
esikoさん、わが家では昔からお雛さまとは縁がなくて、いまごろになって、お雛さまだから何か飾らなくちゃって気分にひたってるんですよ。
このお雛さまはなかなかスピーディに起き上がるんですが、頭が重くて、うつぶせの角度によっては、じっとこのまま。でも愛嬌があって気に入ってます。
Commented by sustena at 2011-03-04 22:11
iwamotoさんたら、バカにして~といじけるのはよして、esikoさんみたいにありがとうございますっていわなくちゃいけないなぁ。
ところで、西洋のホテルなどベッドに枕が二つあるのはなぜかというと、欧米人には逆流性食道炎のひとが多くて、オエッとならないようにするために、胃よりも頭を高くするために、わざわざ二個もおいてあるとか。ホントかしら・・・?
Commented by sustena at 2011-03-04 22:14
Lucianさん、わが家ではお雛さまを飾ったことがなくて、初めて起き上がりこぼしだけど買って、あらどっちだったかな??とワケがわからなくてったんです。でもどっちでもいいんだ、とわかれば安心です。でも、植物アイテムがあると、「左近の桜、右近の橘」は向かってかどうなのか??なんて悩んでしまうンですけど。
Commented by sustena at 2011-03-04 22:16
Cakeaterさん、「国王のスピーチ」でも、国王は右、王妃は左ですねー。騎士は右手でサーベルを持ち、左手で女性を引っ張って戦った
ので、その名残とか。なんだかまことしやかですけど。


<< TWins      滑稽話の奔流 >>