2011年 03月 02日

愛宕山散歩

土曜日はチーズを買いに愛宕山へ。山といっても虎ノ門から10分弱のところにあって、標高わずか25.7m。山頂には愛宕神社があって、その向いに放送博物館がある。かつてここにNHKの前身のJOAK(東京放送局)があって、日本初のラジオ放送が行われたのだ。

入場無料なのでちょっと覗くと、ラジオ放送やテレビ放送の歴史、当時の機材が展示されていて、玉音放送や君の名は、とか、有名な放送も聞けて楽しい。

楽しかったのがポスターである。これは、元旦の鶏の鳴き声中継(1929年)。なんとものどかである。
c0155474_23282919.jpg

当時の効果音。こんど地元のラジオでも、中学生たちとドラマの効果音をこんなスタイルでやってみる予定なんである。
c0155474_2328377.jpg

この機材はなんだったかなー。
c0155474_23284535.jpg

まだ脚本は手書きだった。
c0155474_23285272.jpg

愛宕神社の階段。3代将軍・家光が増上寺参詣の折に立ち寄って、山上の梅を見て、その梅の枝を求めたところ、曲垣平九郎が馬で駆け上がったという逸話が残っている。でも急すぎ~。
c0155474_23285955.jpg

GRDIII

by sustena | 2011-03-02 22:34 | まち散歩 | Comments(8)
Commented by jmiin at 2011-03-03 05:39
>この機材はなんだったかなー。
ステレオカメラ???
Commented by Lucian at 2011-03-03 20:59 x
ひょっこりひょうたん島に登場する子供達は、遠足に行って火山噴火に遭って死んだ幽霊たちの物語だったんですね。

双眼鏡みたいなのは、白黒テレビ用の電子式真空管カメラですね。
ロシア出身のアメリカ人電子工学者ウラジミール・ツウォルキンが1923年に発明した「アイノコスコープカメラ」です。
この型は、1940年に開催が予定されていた東京五輪のテレビ放送のために技研が1939(昭和14)年に製作したものです。
Commented by sustena at 2011-03-03 22:58
jmiinさん、なんだか段ボールのカメラに見えてしまいました・・。
Commented by sustena at 2011-03-03 23:02
Lucianさん、私ときたら、あーここにも顔が!と撮ってて、カンジンの解説を読むのを忘れちゃってたんです。いま表示を見たら、たしかにアイコノスコープカメラとありました。いつもお世話になりますm(_ _)m
Commented by ken_kisaragi at 2011-03-04 01:13
いい、いいです! このポスター。
しかし、よく撮れてますね、書いてないとポスターと分りません。
Commented by Cakeater at 2011-03-04 06:07 x
階段落ちの後は石段の写真。
ん、でもなんで昔の神社の階段って急なのが多いんでしょうね。
それにしても、愛宕神社の石段ってこんなに急だったかなあ。。。今度撮りに行ってみようっと。
Commented by sustena at 2011-03-04 21:57
kenさん、このオンドリ、どうしてこんな不安定なトコロにちゃんとのっているんでしょう?逃げないのかしら?ちゃんと鳴いたのかしら?ギモンがフツフツとわきだす写真でした。
Commented by sustena at 2011-03-04 21:58
Cakeaterさん、実際はここを下りた翌日に、わが家の階段ですべったんですけど……(汗) 。それにしても、急です。たった25mなのに!


<< 滑稽話の奔流      La Marie Jeanne... >>