2011年 02月 27日

おしゃれでシックな抱一

c0155474_2203890.jpg
出光美術館で「酒井抱一生誕250年 琳派芸術 ―光悦・宗達から江戸琳派―」展をやっている。第一部は見逃してしまい、見てきたのは、酒井抱一の作品を中心に江戸琳派の美を取り上げた第2部<転生する美の世界>。

4章立ての構成になっている。
1章は「琳派の系譜」。風神雷神図屏風や八ツ橋図屏風、伊勢物語図など、琳派お得意の象徴的な画題や物語図が、光琳、宗達から江戸琳派へと受け継がれていく過程で、江戸の感性によって、どんなアレンジが加わってきたのかの系譜をたどったもの。

第2章は「薄明の世界」。宗達や光琳のキンキラキンの世界ではなく、江戸琳派は、清浄な白い輝きを放つ「銀」を好んだ。酒井抱一の紅白梅図屏風、四季花鳥図屏風、夏秋草図屏風草稿や其一の芒野図屏風などの、銀屏風の世界に迫ったもの。実におしゃれ~。

第3章は、「抱一の美」。江戸琳派の代表者である抱一の、燕子花図屏風や十二ヵ月花鳥図貼付屏風など、詩情豊かな作品を展示。

そして第4章は「其一の美」。抱一の高弟で理知的な絵を得意とした鈴木其一の四季花木図屏風や立葵図、冨士図扇面などを紹介。

それほど混んでおらず、ゆったりと見ることができてよかったよ。
c0155474_10294497.jpg
c0155474_1029544.jpg
c0155474_10301377.jpg
c0155474_10302541.jpg

D7000+35-70mm F2.8

by sustena | 2011-02-27 23:43 | Art/Museum | Comments(4)
Commented by iwamoto at 2011-02-28 19:17 x
江戸琳派は良いですよね、自分も日本人であることが嬉しくなる。
Commented by higphotos at 2011-02-28 20:08
良いカメラですね。実に素直。
そして、レンズも良いではないですか。
後ろのボケがうるさくなくて、良い感じ。好きなボケです。
Commented by sustena at 2011-02-28 22:10
iwamotoさん、デザインのとがり度が少しマイルドになって、じわーんとしたよさがあると思います。
Commented by sustena at 2011-02-28 22:13
higphotosさん、ありがとうございます。まだ、このレンズに組み合わせたときのコツが掴めてません。古いレンズだと、ちょっとぼわっとしがちみたいなんですが、別のツバキを撮ったものは、きっちり合っていたので、重さに手ブレさせなければいいのかもしれません。このレンズとの組みあわせだと1kgを超えるので、持ち出すのは土日の公園散歩に限定されてしまうのはちょっと無念です。


<< これはうどんである      中村好文『住宅巡礼・ふたたび』 >>