いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 22日

根津美術館「墨宝-常盤山文庫名品展」

西麻布から表参道に行く途中に根津美術館があって、同館が建替えたあと出かけてなかったので、そうだっ、隈研吾の建築を見なくちゃと立ち寄ったら、「墨宝-常盤山文庫名品展」という特別展をやっていた。

墨蹟はわからないぞーと思いつつ入ったら、墨蹟だけでなくて、水墨画もあったし、なかなか味のある文字がけっこう気に入っちゃったなぁ。
とくに、「巡堂」と二文字大きく描かれた、中国の禅僧無準師範から弟子の円尓弁円へ与えられた文字が好き。工芸品では、漆の犀皮の水差し「彫漆雲文水注」のフォルムがよかった。 
国宝の「鶉図」が2月1日~13日の展示のため出ていなかったのはちょっと残念だったけれど、期待しないで入ったぶん、けっこう見ごたえがあって得した気分。あと、四季の花が描かれた鍋島の磁器がけっこうモダーンなの。それと、ここの饕餮の青銅器のコレクションはいつ来てもほれぼれしちゃう。
庭園もいい気持ちだったなぁ。
そうそ、アプローチはいかにも隈研吾。
c0155474_23184685.jpg
c0155474_23185324.jpg
c0155474_231917.jpg


by sustena | 2011-01-22 23:19 | Art/Museum | Comments(0)


<< そばがきにハマる      六本木-乃木坂-西麻布-表参道 >>