2011年 01月 20日

ルシール・レイボーズ写真展「バマコ美女」

c0155474_21423324.jpgきのうの写真展がちと重かったので、本日は同じアフリカでも、祝祭気分に満ちた写真展を見てきた。シャネルNEXUSホールで開催中の、ルシール・レイボーズ写真展「バマコ美女」である。

バマコ? 聞いたことない?? 西アフリカのマリ共和国の首都である。
ルシール・レイボーズはここで少女時代を過ごし、後にセネガルで写真と出会い、色彩と音楽のあふれるアフリカを撮り続けてきたひと。

この写真展は、バマコで行われたある結婚式を前に、カラフルなバズィンと呼ばれる布をまとい、それぞれが工夫を凝らした髪型と化粧でドレスアップした女性たちの顔や、後ろ姿、踊るシーンetcを撮ったもの。

会場ではバマコの音楽が流れ、紫色の壁に、これぞアフリカだと思わせる豊かな色彩に彩られた美女たちが並ぶ。

西アフリカにも行きたいよねぇ・・!

外に出ると、大寒でも陽射しはなんだか春で、花屋の前にチューリップが揺れていた。
c0155474_21411762.jpg


by sustena | 2011-01-20 21:41 | Art/Museum | Comments(4)
Commented by iwamoto at 2011-01-21 11:35 x
西アフリカの音楽は素晴らしいですね。
Commented by sustena at 2011-01-22 23:22
iwamotoさん、西アフリカは川田順造さんの著書を読んで以来のファンです。おすすめの音楽はありますかー??
Commented by iwamoto at 2011-01-23 08:17 x
お勧めはちょっと範囲が広過ぎて難しいですが、グリオ(フランス語、だと思う)という人たちは、世襲制の音楽家で、伝統的な音楽を保存しています。
個人的には弦楽器が好きでKORA(コラ/コーラ)という撥弦楽器を見たときには、我が目を疑うというか、自分の常識の浅はかなことを思い知りました。
言葉で言うと誤解を招きそうですが、響板に対して垂直にコースを取るんですよ。 普通は、弦もコースも平行ですよね。 これは弦は水平でコースは垂直、あり得ます(笑)
土曜日に、わたしも顔写真をアップしましたよ〜。
Commented by sustena at 2011-01-23 14:42
iwamotoさんの顔写真、気の小さい私にはこわかったです(;o;) そういえば、アフリカで買った楽器、2つわが家にあります。飾ってホコリをかぶってるだけですけど。


<< 曽根裕 Perfect Moment      ジョナサン・トーゴヴニク「ルワ... >>