2010年 12月 27日

コリコリつくね

談春のあとに出向いたのが泰明小学校近くの魚正(ととまさ)というお店。
斜向かいにあるそば屋の泰明庵に行くときに、ここの前を通るたび、いいお酒が置いてあるなぁ・・・と目をつけていたのだが、なかなか入る機会がなかったのだ。

対馬産のクエ、福島産の牛肉西京焼き、根室産・生雲丹・・・メニューを見るとどれもおいしそう。もっとも値段が書いてないのでちょっと躊躇しちゃう。まぁ、あれこれ欲張らなければ、そんなベラボウな金額にはならないだろうとは思うものの、銀座がシマの私めが案内してとんでもない値段だったらと思うと、片っ端から注文したくなるメニューだけに悩んじゃったよ。

まず八海山の地ビールでイッパイ。五島産の〆サバと、京都産の天然ぶりを半分ずつ、愛知産の鬼アサリ、岩手産鶏の特製つくねと、出し巻卵を頼んだ。
つくねは、軟骨の歯ごたえがコリコリとしてカラッとしたお味。鬼アサリは、ものすごく大ぶりで、まるでハマグリみたいな大きさ。あとくちがピリッと辛い。なぜなんだろう・・・?

ちょっと高めだけれども、ほーんと、おいしかったなぁ。夢中でしゃべって、気がつくと終電間際なのだった。
c0155474_16225462.jpg
c0155474_1623582.jpg

GXR+A12 50mm

by sustena | 2010-12-27 22:40 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by ken_kisaragi at 2010-12-28 00:09
八海山 、地ビールも有るとは知りませんでした。
鬼アサリは酒蒸しでしょうか、今スグ食べたくなりましたね。
・・旨そうだ。
Commented by sustena at 2010-12-28 23:23
ken_kisaragi さん、単純な酒蒸しですが、すこぶるおいしかった。今度鬼アサリを探して、家でやってみようと思ってマス。


<< 低レベ2      立川談春独演会 >>