いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 18日

夕闇のカワセミ

夕方近くの公園に散歩に行く。4時ですでに、日の光は沈みかけで、名残の紅葉が真っ赤だ。
いつもシラサギやゴイサギがたたずんでいることの多いコブシの木に近づくと、おや、あれは。
c0155474_21571553.jpg

カワセミだっ!
せめてシルエットでも・・・と何枚か撮る。やはり、かなーりブレてしまう。
c0155474_2159054.jpg
c0155474_21591686.jpg

いつもならパッと逃げていくのに、きょうはもうけっこう暗いためか、わりに悠然としている。じーっと眺めていたら、後ろから「アオジですか?」と声が。「カワセミだと思うんですけど」。振り返ると立派な長玉を持ったひとである。
そのあと、数メートル右の杭の上に。こちらは先ほどよりも近いし、ちょっとは明るかったので、うれしくなってまた撮る。
c0155474_223270.jpg

というわけで、芸のない写真ばかりですが・・・。
D40+18-135mm

by sustena | 2010-12-18 22:04 | 小さな自然 | Comments(6)
Commented by Lucian at 2010-12-19 20:39 x
最後のカワセミ君はしっかりカメラ目線になってポーズを決めていますね。
シルエットでも種類を特定できる鳥は意外に少ないような気がします。
Commented by sustena at 2010-12-19 23:54
そういえば、esikoさんのブログのヤマセミも、遠くから、オッと思うようなシルエットですね。
Commented by jmiin at 2010-12-20 05:32
このたたずみ方が、なんとも渋い。
いかにもハンターって感じ。
Commented at 2010-12-20 08:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2010-12-23 20:46
jmiinさん、カワセミもエサをとっている戦闘モードのときと、ゆったりととまっているときと、高雰囲気が違うんですよ。うまくいえないけれども。
Commented by sustena at 2010-12-23 20:48
Pくん、一度にみかけた最多が3羽ですが、どこかからやってくるのか、根城?があるのか、まんたく謎なのであります。


<< ケラリーノ・サンドロヴィッチ『黴菌』      ひさびさの顔 >>