いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 11月 24日

国立劇場「通し狂言 国性爺合戦」

c0155474_23315997.jpg先日、国立劇場で近松門左衛門の「国性爺合戦」 を見た。
タイトルは超有名で、ストーリーもなんとなく知っていたけれども、ちゃんとした舞台を見るのはこれが初めて。
鄭成功が中国に渡って滅亡寸前の明朝を復興させようと、清朝を相手に奮戦したという史実を題材にとったもの。


明朝と佞臣の李蹈天の内通により韃靼国に攻め込まれてしまう。帝の妹栴檀皇女は海に逃れ日本に漂着し、かつての忠臣の老一官とその妻の渚、息子の和藤内に助けられる。3人は、皇女の話を聞き、中国に渡り、老一官の娘、錦祥女が嫁いだ先の五常軍甘輝将軍の支援を得ようとするが、甘輝将軍はすでに韃靼への中世を誓ったあとだった・・・。

獅子ヶ城楼門の場はちょっぴり眠かったけれど、千里ヶ竹の場での虎とのからみや、 肥前国平戸の浦の場で、和藤内(團十 郎)が海を眺めていた場面はかっこいい!最後はいつもの人情話に。
藤十郎が娘のようであったなぁ。
  序 幕  大明御殿の場
        肥前国平戸の浦の場

  二幕目  千里ヶ竹の場

  三幕目  獅子ヶ城楼門の場

  四幕目  獅子ヶ城甘輝館の場
         同 紅流しの場
         同 元の甘輝館の場
c0155474_2235639.jpg

GXR+P10

by sustena | 2010-11-24 23:56 | Theatre/Cinema | Comments(12)
Commented by kei01 at 2010-11-25 05:23 x
鄭成功が母に生み落とされた平戸の千里ケ浜の児誕生岩の付近が、そんなドラマティックな舞台として蘇ってるのですね。華やかな舞台が目に浮かぶようでした。近くに住んでいるので、今度千里ケ浜に行ってみようと思います。
Commented by iwamoto at 2010-11-25 15:00 x
タルタルステーキは西に行きハンバーグステーキとなり、東に行きユッケとなった。
Commented by higphotos at 2010-11-26 14:33
A12は素晴らしいですが、P10も素直な描写ですね。
色もボケも良い感じです。使い心地は如何ですか。
Commented by esiko1837 at 2010-11-26 22:00
お芝居も歌舞伎もサッパリわかりませんが、
サステナさんが精力的に見て回っているエネルギーには驚かされます。
ものすごいエネルギーだと思います。
写真の花はなんでしょう?
透明感があって素敵。
Commented by Lucian at 2010-11-26 23:08 x
花はボタンクサギ(牡丹臭木)ですよね。
Commented by sustena at 2010-11-28 23:42
kei01さん、鄭成功は人気者なんですよね。千里ケ浜は行ったことがありませんが、遠く彼方の国を思い描きたくなる風情かあるのでしょうか。
Commented by sustena at 2010-11-28 23:43
えっ、東に行きユッケ? 考えてみたこともなかったなぁ。iwamotoさんの書くことなら、なんでも信じてしまうなぁ。
Commented by sustena at 2010-11-28 23:49
higphotosさん、これは最初の日に試し撮りしたときのもので、P10はそのあと2回使っただけなので、判断できないんですけど、どよんとした天気だと特にネムい写真に上がることが多いような気が・・・(;o;) A12の絵を先に見ちゃうと、まったく持って気に入らないッて気分になるんですけど、10倍ズームのコンデジなんだから、ないものねだりをするより得意な部分を引き出してやらなくてどーするって思うものの、使いこなせていません(;o;)
Commented by sustena at 2010-11-28 23:51
esikoさん、切符は前売りでゲットするので、体力・気力の充実したときに買うでしょ、ところが見るときは、なんだか忙しいことが続いて、半分寝ちゃったりとか、眠気と戦って肝心のストーリーがワケがわからなくなるってことが続いてて、なにをやってるんだか、です。
Commented by sustena at 2010-11-28 23:54
ボタンクサギ! なんだろう?って思って撮ったんですよー。Lucianさんに花や鳥の名前を教えていただいたものを、散歩のときに出会った知人に、これは〇〇だよって教えると、カンドーされます。
Commented by kei01 at 2010-11-29 06:19 x
冬の千里ケ浜は遠く広く、寂しげで色んな想いを馳せれる風情に包まれていることでしょう。
Commented by sustena at 2010-11-29 23:50
kei01さん、ぜひ写真を見せてくださいまし~。


<< なんともハデな選挙戦───台北1      現代能楽集V『春独丸』『俊寛さ... >>