いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 26日

サルスベリとチョッキリ

サルスベリの色も違うんだ、と思ったことだった。
c0155474_21123334.jpg
c0155474_21124456.jpg

何年か前まで、こんなふうにコナラ(?)の枝がいっぱい落ちているのは、風のせいだとばっかり思っていたが(無知なことであった)あるとき、ハイイロチョッキリという虫のせいだという看板が出ていた。なんでも、ドングリに穴をあけ、お尻の産卵管を差し込んで卵を産みつけ、その後ドングリのかじりカスで穴をふさぎ、ドングリのついた小枝をチョキンと切り落とす。別名オトシブミという風流な名前もある。通るたびにああ、虫のたよりの季節か、と思うのである。
c0155474_2113220.jpg

こんな小さな公園でも、毎日通っているといろんな発見がある。

by sustena | 2010-08-26 22:04 | 小さな自然 | Comments(6)
Commented by Lucian at 2010-08-27 21:06 x
サルスベリは百日紅と書きますが、本当に100日間花を咲かせているのでしょうか。
Commented by esiko1837 at 2010-08-28 21:14
透明感が素晴らしい・・・・。
夏の暑さなんてコレッポチも感じません。
カメラはGRⅢですか?
Commented by ken_kisaragi at 2010-08-29 01:56
暑さ一向に醒めぬ気配はないのですが、四季を一歩先をゆく植物や昆虫の機敏さ、面白いです。
しかし朝の光や空気感じる清々しい写真ですね。
一枚目の透明感と色華やかさ! お見事。
広角で捉えた地面もタンポポが生えてるような・・・ちょっと不思議チック。
ハイイロチョッキリ? どんな格好した虫でありましょう(笑)
【追記】 ググってみました・・・ちょっとキモイ虫でした(^^;)
Commented by sustena at 2010-08-29 10:04
Lucianさん、100日花を咲かせているかどうかなんて考えたこともなかった。ググったら「一度咲いた枝先から再度芽が出てきて花をつけるため、咲き続けているように見える」とありましたが、ひとつの花がどれくらい咲いているのでしょうね。白い花はうちの近くではあまり見かけませんが、シックな感じ。 
Commented by sustena at 2010-08-29 10:05
esikoさん、このところの朝の散歩はD40で、レンズは気分でつけてます。朝はまだ涼しいのですけど、ひとまわりするだけでグッショリです。
Commented by sustena at 2010-08-29 10:07
ken_kisaragiさん、私はこの虫自体はみたことがありません。とにかく今の時期、いっぱい枝の先が落っこちてるんです。初めて見たときは、あれ、昨晩は風が強かったのか?なんて思ってました。


<< 二つの宙乗り狐六方      中島京子『女中譚』 >>