いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 13日

野菜ジュース

お盆というのに、このところ連日深夜まで仕事をしていて、写真もほとんど撮ってないし、ブログを眺めている余裕もなくてヒーヒー言っている私が(コメントをいただいておきながらそのままになっていてゴメンナサイ)最近愛しているのが、朝の散歩から戻って飲むこの野菜ジュースである。

牛乳の宅配屋さんがぜひ飲んでみてといろんなドリンク類を持ってきて,うっかり飲むと、おつきあいで1本取らなくちゃならなくなるから断ろうかと思ったのに、関西からの出張の帰りで、頭が働かないうちに受け取ってしまい、意外にイケルな、と思って配達してもらうことにしたのが、この野菜ジュースだった。

青臭くもトマトくさくも、果物ジュースっぽくもなくて、冷えたのを飲むと、からだのスミズミまで目がさめる気がするんである。どこで売ってるのかわからないけど、おすすめでーす。
(あっ、でも野菜ジュースには好き嫌いがありますね)

明日は仙台。台風が心配だったけど、大丈夫そうでホッ。
c0155474_231168.jpg
c0155474_2312982.jpg


by sustena | 2010-08-13 02:31 | 食べ物 | Comments(13)
Commented at 2010-08-13 06:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2010-08-13 17:43
Pくん、わりと早く本日の取材が終わったので、ホテルのpcで遊んでいます。新幹線は混んでいたなぁ
Commented by Lucian at 2010-08-13 17:55 x
砂糖・食塩無添加・香料不使用というのがヘルシーなイメージでいいですね。
スーパーなどでも売ってるんでしょうか。
Commented by esiko1837 at 2010-08-13 20:42
見ただけで健康になれそうなジュースですね。
フルヤと聞くと、私の年代ではフルヤのスキーキャラメルを思い出しますが、違う会社なのでしょうね。
毎日忙しくて大変ですね!
足下に気を付けて歩いてくださいませ!
Commented by iwamoto at 2010-08-14 10:37 x
どちらで撮影?
ちゃんとお盆に乗せてもらわなあかんなぁ。 この時期だけは。
せやかて、ご先祖はん達、家に帰って来てはるんやから。 
Commented by higphotos at 2010-08-14 11:49
お忙しそうですねぇ。って私もお盆無しで働いております。
野菜ジュースで夏を乗り切ろうですか。。。同感です。負けずに参りましょう。
Commented at 2010-08-14 20:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ken_kisaragi at 2010-08-14 22:31
自分も盆は仕事100%の目一杯! (=^▽^=)ノ
昔は果汁100%という文言だけでしたけど、
最近は「野菜一日分」とか「野菜○○グラム」とか・・・なるほど説得力感じます。
野菜ジュースやアロエ・ヨーグルト等、色々試しましたが
最近はプーアール茶を冷やしたヤツ・・・
雲南行った時、茶屋店員のセールス・トークに見事のせられ在庫一杯!  お茶漬けにもイケマス。(^o^)
Commented by sustena at 2010-08-15 23:27
Lucianさん、どこで売ってるかよくわかりません。きょう試しに、別の野菜ジュースを自販機で買ってみたんですが、缶の味が気になってしまいました。ガラス瓶に入っいるのが、おいしく感じるポイントなのかもしれません。
Commented by sustena at 2010-08-15 23:28
iwamotoさん、お恥ずかしいことに、わが家にはソバ切り包丁はあっても、お盆はないのです……。
Commented by sustena at 2010-08-15 23:37
esikoさん、フルヤ乳業は昭和20年に千葉で創業した会社です。ご存知のフルヤは古屋商店(のちの古谷製菓)では?
Commented by sustena at 2010-08-15 23:38
higphotosさん、お楽しみのあとは・・・ですね。私は10月に休める日を指折り数えております。明後日は岡山日帰りです(涙)
Commented by sustena at 2010-08-15 23:40
ken_kisaragi さん、ウチにもプーアール茶の塊があるんですよー。1回分ずつ丸いボタンみたいにバラになっているのにすれば飲みやすかったのに・・。暑い日には合いそうですね。飲まなくては!


<< 仙台出張      息子用のカメラ選び >>