2010年 07月 11日

穴子でイッパイ

肉厚の穴子が手に入ったら、まず白焼きにして、アツアツのところをワサビ醤油でイッパイ。たくさん手に入ったら、しょうゆと酒を同量入れて煮詰めたタレをつくって、さらに焼き色をつけ、丼にする。それで残ったら、翌朝は穴子のお茶漬け。
うんと手に入ったときは、干し穴子にしてみようと思うのだが、まだ干したことはない。
c0155474_11344094.jpg

このときも、白焼きでイッパイで、オシマイになってしまった。LX3

by sustena | 2010-07-11 09:31 | 食べ物 | Comments(6)
Commented by iwamoto at 2010-07-11 15:20 x
「干し穴子」?  まぁ、なんとお洒落な!
Commented at 2010-07-11 16:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by esiko1837 at 2010-07-11 19:31
私、穴子がだ~い好きです!!
これはまた肉厚で美味しそう。
で、干し穴子は贅沢ってもんでしょう。
Commented by sustena at 2010-07-11 22:03
iwamotoさんは、干すのが得意なのですから、ぜひどうぞ。半干しぐらちいでもとっても滋養あふれる味で酒のつまみにはピッタリですよ。
Commented by sustena at 2010-07-11 22:04
Pくん、アナゴは自分で焼くに限ります。蒸してから、という手もあるけれど、私は素朴で野蛮な味が好きなのです。
Commented by sustena at 2010-07-11 22:05
esikoさんもお好きですか。ウナギよりヘルシーな感じがしますよね。近くにいい魚屋さんがあるので助かってます。


<< 万博の思い出───大阪出張      沖縄そば >>