いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 16日

荒木経惟 「センチメンタルな旅 春の旅」

c0155474_21281452.jpg南青山5丁目のラットホールギャラリーで、アラーキーの「センチメンタルな旅 春の旅」をやっている。
陽子さんがなくなって20年,今年の3月2日にアラーキーの写真によく登場する美猫のチロが逝ってしまった。
チロとの最後の数カ月間、いつもの屋上でたたずむチロ。ベッドで、どんどんやせていくチロ。やせて、毛がぼボサボサになっても、目だけは大きく、何を写しているのか、どこを見ているのか、うるんで虚空と対話しているような表情。ソファからジャンプしているところ、そして、もう動けなくなって、横になり、そのままの形で荼毘にふされ、そのままの形の骨となって、頭蓋がちょこんと容器にのせられてるんだけど、眼窩はチロそのまんま。

アラーキーの初期のペッチャンコーラの写真にはさまれて、映像も流れていた。チロが死んでからの2カ月間、ずっと空が写される。
c0155474_21262094.jpg

出版社からのたくさんの花の影にひっそりと。
c0155474_21275011.jpg


by sustena | 2010-06-16 21:28 | Art/Museum | Comments(16)
Commented by Cakeater at 2010-06-16 22:02 x
朝日カメラでちょこっと見てちょっとショックでした。
青山でやってるんですね。
線路に入ってると、けっこう猫の遺体を見つけて見張りの隙をついて撮ってしまいます。南無阿弥陀仏とつぶやくかわりに撮る・・・そんな感じです。
Commented by nuts-co at 2010-06-16 22:09 x
今日は私の愛犬の命日だったので、二年前の悲しい日のことを思って過ごしていました。だからびくっとしました。センチメンタルな一日の終わりにふさわしい記事でした。
Commented at 2010-06-16 23:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jmiin at 2010-06-17 05:40
いいなぁ
こっちじゃぁ殆ど荒木さんの写真展なんかやってません。僕は写真家
で唯一荒木さんだけは大ファンです。もしばったり会ったら、泣くかも
知れない位に。
Commented by Lucian at 2010-06-18 15:19 x
チロは22才だったそうですね。人間なら110才くらいの長寿です。
可愛がられて大切にされたり、生活が安定してると長生きするのかな。
Commented by higphotos at 2010-06-18 16:22
アラーキーの写真展ですか。これは羨ましいなぁ。
一度、見てみたいです。

下の写真は。。。もしかして
Commented by sustena at 2010-06-18 23:15
Cakeaterさん、猫の遺体とご対面ですか・・・。敏捷そうに見えて、見入られてしまうように、すくんじゃうのかしらん??
Commented by sustena at 2010-06-18 23:16
nuts-coさん、アラーキーは写真集は棺桶だって意味のことをいってました。このセンチメンタルな旅シリーズは好き。
Commented by sustena at 2010-06-18 23:17
Pくん、カメラ雑誌はごくまれに図書館でパラパラッと見る程度なんですが、この写真が紹介されてるなら探してみようかなって思いました。
Commented by sustena at 2010-06-18 23:19
jmiinさん、ふっふっ,アラーキーとは新宿のDUGで遭遇したり、昔センパイの編集者が仕事を依頼してて、あがった写真を受け取りに行ったことがあるんですよー。それだけだけど。
Commented by sustena at 2010-06-18 23:20
Lucianさん、それはめちゃくちゃ長寿ですね。そんなに長いこと一緒にいた存在がいなくなっちゃうのは、寿命とはいえ,カラッポになった感じがするんじゃないかなぁ。
Commented by sustena at 2010-06-18 23:21
higphotosさん、下の写真に意味はないです!
Commented by Cakeater at 2010-06-19 06:13 x
人間の目線だと、こんな左右よく見えるところでなんで轢かれる(はねられるじゃなくて)のだろうと思うんですが、猫の視高というのは電車の車両建築限界の下部限界数字の一つの375mm以下ですから、線路まわりの物はその高さ以下ぎりぎりってのも多いので、線路内の見通しはよくないのじゃないかと思います。
あの騒音も振動もそこで慣れてしまっていれば不注意にもなるだろうし。
チロは電車みたことがあるのかなあ。あのベランダから遠くに線路が見えてたかどうか。。。記憶がはっきりしませんね。
Commented by sustena at 2010-06-20 17:48
猫の視高のことなんて、考えたこともなかったなぁ・・・・。
Commented by ken_kisaragi at 2010-06-20 20:40
理屈抜き・・・泣かせます!
Commented by sustena at 2010-06-21 09:29
チロの表情がなんともいえなくて、あまたの美女を撮っていても、こんな目で見られたらたまらないよねぇ。


<< 退屈なのは      銀座いわしやのランチ >>