2010年 05月 30日

堀切菖蒲園へ

ショウブとカキツバタとアヤメとアイリスって区別がつかないのよねぇ・・・と前々から思っていて、ふと思い立って堀切菖蒲園に行ってきた。日暮里で京成線に乗り換えて行く。ふだんあまりお世話にならない路線なので、キョロキョロしてた。

堀切菖蒲園駅って、そのものズバリの駅があるなんて知らなかったなぁ。
電車から降りたら、向こう側のホームの下から商店街が見える~。なんだか気になってぱちり。こういうホームってあちこちにあったっけ??たぶんあるはずだけど、あまりこれまでホームの構造を考えたことがなかったよ。
c0155474_02934.jpg


菖蒲園までの道すがら、堀切天祖神社の脇に並んでいた十二支神が目に入る。なんだかバタくさい。これなんかは、ふしぎの国のアリスのウサギのようではないか。
c0155474_031645.jpg

正面側には「堀切七福神」がズラリ。
c0155474_091681.jpg

平成に入って建立されたものとかで、これもどことなくあっちの血が混じっているような・・・。これなど、サンタみたいだよ。
c0155474_085844.jpg

駅から歩くこと10分ちょっと。堀切菖蒲園につく。ここは200種6000株もの菖蒲があるという。見ごろは6月10日ごろとのこと。ちょっと早かったので、ちょびっとしか咲いていない。でも、「江戸錦」「八咫の鏡」「熊奮迅」「波乗船」などと書かれた立て札を見ながら、どんな花なのか想像しながら園内をめぐるのは楽しかった。
c0155474_0205617.jpg
c0155474_021958.jpg
c0155474_0213649.jpg

ところで肝心のショウブとアヤメとカキツバタの違いである。
園内に、看板が出ていて解説してある。ぐじゃぐじゃ書くより、表の一部をそのまんま載っけちゃおうっと。
c0155474_0282315.jpg

葉の幅と、外側の花びらの形の違いが大きいかなー。カキツバタ図屏風はやっぱり葉が立派なカキツバタでなければならないのだった。

近くの堀切水辺公園にもショウブが咲いているというので、足を伸ばす。
荒川の河川敷、ひろーい。
c0155474_035653.jpg

遠くに建設中のスカイツリーが見えた。
c0155474_035411.jpg

このヘンテコな建物は、堀切菖蒲水門ゲートである。水のある風景ってキモチイイ。
c0155474_0362142.jpg
c0155474_0363594.jpg

D40+Tam17-50mm

by sustena | 2010-05-30 00:37 | まち散歩 | Comments(0)


<< ここにも顔が      駅で見た顔 >>