2010年 04月 21日

時計

銀座を歩いていると、やたらどーんと大きな時計の写真、バナーが目につく。
最近も、通り道のファッションの店が高級時計の店にチェンジした。いったいどんなひとが高級時計を買うんだろう。私のまわりには、縁遠いひとばかりなので、まったく検討もつかないけれど、ちょっとウィンドウ越しに覗いても、ケタが信じられないくらいいっぱいついていて、ひぇーと目が回っちゃう。
c0155474_21395318.jpg

GRDIII

by sustena | 2010-04-21 21:41 | まち散歩 | Comments(8)
Commented at 2010-04-21 21:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2010-04-21 21:49
私は最近ケータイで時間を見るようになりましたが、老眼がイッキに進行してるので、でーんと大きい時計で、重たくないのがあってもいいかもと思ったりします。もっぱら取材用に、ですけど。
Commented by satsuki-ami at 2010-04-21 22:04
モノクロ写真、かっこいい・・・・・・・。
高級腕時計って、ホントに桁違いですよね。
2~3個しか使える腕時計はありませんが、とりあえず仕事など外出する時には
ほぼ必ずつけていきます。
Commented by Lucian at 2010-04-21 22:23 x
最近はアジアの富裕層が需要を牽引しているそうです。
客は日本人だけではないかもしれません。
社交時の装身具の一部としての必需品なのでしょうか。
Commented by sustena at 2010-04-22 20:52
satsuki-amiさん、この元ポスターはカラーでけっこうキンキラなんです。この隣のディスプレイボードが面白かったので撮ったんだけど、暗がりから見たたの時計がアップで迫ってきた感じが面白くてモノクロで撮ってみたんです。ずいぶんイメージは違うものの、ポスターがベースになっているので、そういう意味ではめちゃズルなので・・・・。
Commented by sustena at 2010-04-22 20:53
アジアの富裕層! 中国の杭州で実感しました。それにしても、うちの会社の近くには、1軒おきに時計屋じゃないかと思えるブロックもあり、半分あきれてます。
Commented by ken_kisaragi at 2010-04-24 00:52
しかし、これポスターなの? カメラで撮った風には見えない位、シャープですね。
上海で露天のお兄さんが激安のブルガリを薦めて来たのですが、
パネライが欲しい!というと、「探してくるネ!」と行ったきり、30分経っても戻って来ませんでした。
ちょっと残念  ・(ノ∀`)・゚
Commented by sustena at 2010-04-25 00:06
激安のブルガリ!すぐハゲそう・・・。私は杭州の夜店で、毛沢東が腕を振ってる腕時計をゲットしました。使ったことはないんですが。


<< 二つの五右衛門      講釈師 >>