いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 30日

佐渡のおいしいもの

佐渡に行ったからには、新鮮な海の幸を・・・と勇んでいたのに、なんでソバなんだ~と思うんだけど、この時期に営業しているお店がなかった&見かけた中では、ピカ一のオーラを発していたことから、小木港近くの「七右衛門」というお蕎麦の店に入った。

「うちはぶっかけ一種類だよ。何杯?」と、いきなり、愛想もまるでなくて、ブッキラボーでオッカナげなおばさまが問うので、「い、一杯でお願いします・・・」とすっかり気押されちまいましたが、出てきた蕎麦には感動。沖縄のカラカラに似た器に入っているのがあたたかい汁で、これを丼に入ったソバにかけていただく。 煮干し(たぶん)がきいて薄味のだしと、滋味あふれる感じの手打ソバがぴったり。
c0155474_082576.jpg

荒波でジェットフォイルが運航しない場合もあるというので、金山に行くのはやめて両津港に戻る。
ここはズラッと土産物屋さんが並び壮観。佐渡汽船の切符売り場近くのお店のPOPが秀逸で、どれもこれも買いたくなってしまった。このおばさんの似顔、迫力でしょ?
c0155474_011677.jpg

あちこち見て回って相川産のイカの甘塩の天日干しを購入。これが絶品で、あぶってアツアツを手で割いて日本酒をちびちび。ほかにはなーんにもいらないよー。日本一おいしいスルメではなかろうか、と思うのであります。これを買いに行ったようなものだなぁ。
c0155474_0131829.jpg
c0155474_0132816.jpg


by sustena | 2010-03-30 00:15 | | Comments(2)
Commented by esiko1837 at 2010-03-30 19:54
この手のイカは気仙沼にもあるので偶に食べますが、実に美味しそうですね!
おばちゃんの似顔絵もぶっかけのソバも旅先ならではの面白さだと思います。
そばが食べたくなってきました・・・・。
Commented by sustena at 2010-03-30 22:03
気仙沼も魚のおいしいところですよね! 以前友人宅で建前のパーティをしたときに、気仙沼からトロ箱がどどーんと届いて、必死にさばいた記憶が。おいしかったです。イカは自分で一夜干しにしてもきっとおいしいかな、とも思うんですが、やっぱり潮風にさらされることが必要かもしれません。


<< 再びの日常      宿根木 >>