いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 16日

燃えるごみの日

朝、駅に向かってチャリをこいでいて、道ばたのごみ袋の上に籐の馬がのっているのが目についた。
もう用済みとなってしまったのであろうか。まだどこも壊れていなさそうであるが・・・

私は少女趣味だと笑われようが、木馬が好きで、息子が生まれたときに真っ先に買ったのが木のカラフルな木馬であった。
もう180cm近くもある息子が木馬にのるわけもないし、インテリアとして飾っておくには、わが家はあまりに狭いのだが、捨てられない。誰かに譲ろうと思っている間に、そのままになってしまったのである。

この馬も、大いに役だったのだろうなぁ、と、ごみ収集車につぶされてしまうのが無念なことだ。
もっとも、粗大ごみで出すようにと、そもまま置き去りにされるかもしれないけれども。
c0155474_920484.jpg

GRDII+ワイコン

by sustena | 2010-03-16 09:21 | つれづれ | Comments(10)
Commented by ken_kisaragi at 2010-03-16 20:49
我が家の周辺には、こういう使用可能な耐久廃棄物回収をしているオジさんが巡回してるみたい。
ちょこん、と置いておくと持って帰ってくれるみたいです。 選り好みあるので注意(笑)
しかし置き去りにされた、木馬というのもフォトジェニックかも!
Commented by Lucian at 2010-03-16 20:58 x
そのまま置いていかれる可能性が大きいでしょうね。
思い入れはあるでしょうが、鋸で細かくしてから出すべきでした。
捨てるに捨てられないモノって必ずありますね。
使おうとしたら行方不明というのもありますが。
Commented at 2010-03-16 21:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by satsuki-ami at 2010-03-16 21:54
これは気になるかも・・・。
窓際か縁側でもあれば、置いておくのも絵になるかもしれませんね。

という我が家はアパート暮らしなので、そんな場所もありません><
Commented by esiko1837 at 2010-03-17 19:43
うちの孫にはもう必要ないものですが、私だったら拾ってくるかもしれません。
どう考えたって勿体ないですよね。
Commented by sustena at 2010-03-17 22:04
ken_kisaragiさん、一瞬、風でごみが飛んでいかないための重しなのかなーと思いましたが、たかがそんなために、こんな立派なものは乗せませんよねぇ。
Commented by sustena at 2010-03-17 22:05
Lucianさん、ご自由にお持ちくださいって札を立てて置いておけば、誰かが持っていくと思うんですすけど。何もごみにしなくたって・・。
Commented by sustena at 2010-03-17 22:07
Pくん、何たって私は、せっせと自転車をこいで駅に向かっていたわけですから!一瞬迷って、2メートルすぎたところでストップして撮ったんです~。
Commented by sustena at 2010-03-17 22:08
そーなんですよ、satsuki-amiさん! 広いリビングなりサンルームなりにポツンと置いてあればそれなりに絵になるんですけど。わが家は籐のリクライニングチェアももう座布団を載せる台だし、スペースがありません(;o;)
Commented by sustena at 2010-03-17 22:09
esikoさん、お孫さんだったらまだ乗ってみたりすると思いますよー。うちの木馬も、中学生ぐらいの子も乗りたがりましたから。


<< ミニ再び      椿昇「GOLD/WHITE/B... >>