いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 09日

立体書道

文字にとまった蝶みたいだった。銀座4丁目のミキモトのショーウィンドウ。
c0155474_22493575.jpg

c0155474_20561047.jpg

GRDIII

by sustena | 2010-03-09 22:49 | まち散歩 | Comments(8)
Commented by ken_kisaragi at 2010-03-10 00:55
ショーウインドーは、デザインがてんこ盛り詰まってて面白いですね。
見させて買わす!という魂胆にプロフェッショナル感じます。
ほんと宙に浮いてる感じですね。
ミキモト・・・宝石屋さんなのですね、ちょっと分りませんでした(笑)
Commented by esiko1837 at 2010-03-10 21:01
本当に、銀座はディスプレイの見本市ですね。
サステナさんにぴったりの場所ですね。
サステナさんが田舎に来たら、ガッカリして1時間も保たないと思います。
この立体書道は新鮮ですね。
Commented by sustena at 2010-03-10 21:06
ken_kisaragi さん、ミキモトは真珠王の御木本幸吉の会社です~。入ったことは一度もなくて、いつもショーウィンドウを見てるだけです。
Commented by sustena at 2010-03-10 21:08
田舎で自然たっぷりの場所は、貧乏性なので、長居できません。忘れ去られたような商店街があったりするのも好きだけど、根がヤワなものでトホホ。立体書道はどう読むか悩んでいたら、はじっこにちゃんと活字で記してありました。
Commented by satsuki-ami at 2010-03-11 00:30
アートですね~、きれいだなと思います。
風流な一枚ですね。
銀座はこういうディスプレイがたくさんあって、撮りがいもありそうですね。
Commented by Lucian at 2010-03-11 20:51 x
どうやって宙に浮いているのか考えてしまいましたが分かりませんでした。
クリスマスに真珠の雪だるまがいたのを思い出します。
Commented by sustena at 2010-03-12 00:59
satsuki-ami さん、ありがとうございます。銀座は、ディスプレイは見ていてあきないです。上記5つはいつもだいたい同じところだけど、普段歩かないところに行くと、たまにヒット作に出会います。
Commented by sustena at 2010-03-12 00:59
Lucianさん、ほかの写真もめいっぱい拡大してみたんですけど、私もわかりませんでした・・・。


<< 『建築家たちの20代』      クリント・イーストウッド監督『... >>