いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 28日

特別展 長谷川等伯展

七尾出身の知人が、東博で開かれている「長谷川等伯」展の招待券を何枚もゲットしたというので、ツアーを組んで東博へ。

没後400年にあたるということで、大好きな松林図屏風をはじめ、智積院の楓図壁貼付、松に秋草図屏風の3つの国宝をはじめ、能登で絵仏師として修行をつんだ若いころの作品から上洛して等伯と名乗り、肖像画や金碧の桃山屏風を、そして墨の魔術師として自在な水墨画を描くに至る軌跡が一覧できる展覧会となっている。

最初のコーナーは混んでいるんだけど、後半の屏風絵のコーナーあたりになると比較的ゆったり見ることができて、土曜の午前中、押し合いへし合いはかなわないなぁと恐れていたけど、満足まんぞく。

武田信玄像は、顔がほとんど消えかかっていてよくわからなかったけど、知的な深ーいまなざしをした千利休像など肖像画は人物像が滲み出るようだったし、空気や光が透けて見えるような「竹鶴図屏風」や、ススキのリズムがここちよい「萩芒図屏風」、牧谿の猿の図にならったという猿猴図のスピート感と愛嬌も好き。そして、松が描かれているどの作品も、なんとまぁいきいきした松だったことだろう。七尾の松林を子どものころはいつも駆けめぐっていたのだろうか。最後の部屋の「松林図屏風」にはもうウットリであります。堪能しちゃった。

写真は、東京に雪が降った日の四ツ谷駅の等伯展の看板。
鑑賞後、池之端の藪そばで一杯。
c0155474_9343755.jpg
c0155474_9345218.jpg

GRDIII

by sustena | 2010-02-28 09:38 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by ken_kisaragi at 2010-03-02 20:54
毎回思うのですが、GRDIIIのレンズは凄いなぁ〜と。
これ、一眼とかMマウントで作れば、とんでもなく高価レンズになりそうな気がします。
色はシグマも深いのですが、GRの抜けとシャープさは別格ですね。
下の一枚なんか。
好み的には、ちょっとユルメのLX3なんですけどね(笑)
Commented by sustena at 2010-03-03 23:54
ken_kisaragiさん、GRはときたま、おお、いいレンズだーという写りをするので、悪評ふんぷんのGXRもきっとすばらしいんだろうなぁと夢想してます。腕が悪いので、ダメダメ写真が多いんですけど、決まったときのうれしさは格別で、その点が、なんだか優等生に思えちゃうLX3よりかわいいんですよー。


<< 色っぽい      半分鏡文字 >>