いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 07日

天丼三惚

きょうは、川崎まで「アバター」を見に出かけた。なんで川崎まで行ったのか?という話はおいおいすることにして、映画だけ見るのに遠征するのもあんまりだなぁと、まずは川崎大師に行って、駅近くの天丼やでお昼を食べたのだけど、これを真っ先に報告しなきゃ♪と思う感動の天丼でありました。

入り口。イラストレーターの吉田カツさんを思わせる勢いのあるタッチ。ほんとは、うどんにしようと思ってたのに、この絵に惹かれて中に。
c0155474_22172865.jpg

すると目に飛び込んできたのがこの富士山です。でーん。
c0155474_22174791.jpg

ご主人は美大を出たわけではないのだけど、絵が好きで、都の美術展にも2回入選したことがあるんだって。で、絵では食えないので、お店をはじめたそーです。店の名の「三惚」とは、お大師さまの言葉で、その土地に惚れて、仕事に惚れて、女房に惚れれば、これにまさる幸せはないってことだとか。(結婚式で使えるセリフね)。
お品書きもおいしそう。
c0155474_22205418.jpg

これは甘海老天丼。このほか、かき天丼とか、極上天丼とか。
c0155474_2221351.jpg

ゴマ油がきいて、アツアツでgoodでしたー。おすすめです。川崎大師にお参りの際はぜひ。
GRDIII

by sustena | 2010-02-07 22:22 | 食べ物 | Comments(4)
Commented by higphotos at 2010-02-08 13:37
西荻の「お化け鉄火」に続いてみてますが、この天丼は上等(沖縄弁?)ですねぇ。
濃い目の味付けでしょうか。実に「江戸前」って感じです。
Commented by sustena at 2010-02-08 21:54
はい。これは本当においしかった。頼んだあと、張り紙を見かけて、しまった、9尾使った芝海老天丼にするんだったか……と、一瞬反省しましたが、甘エビの頭がふんわりしてて、全身バリバリ食べることができて、ナカナカおいしかったです。
Commented by jmiin at 2010-02-08 22:51
このどんぶりの具の色に関東を感じました。
関西人の僕には食べるのに、少し勇気が必要なのかも知れません。

食ったらおいしくて、文句は言えないと思いますけど^^;
Commented by sustena at 2010-02-09 21:01
私は関西でうどんは食べたことがあるけど、天丼はないんですが、やっぱり、素材の色がきれいに透けて見える感じなんでしょうか?


<< 包丁の音がひびく川崎大師の参道      血は立ったまま眠っている >>