いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 27日

若木信吾写真展 "内田裕也"

c0155474_14425019.jpgライカ銀座店で、若木信吾さんの写真展「内田裕也」をやっていた。70歳だけど、いまだにロックンローラーなのだな、ということが、モノクロのズシリとした写真からもヒタヒタと伝わってくる。
なんたって、サングラスの奥からこっちをにらみつけているような写真、肋骨の浮き出た、叩いたらどんな音がするだろうと思わせる裸の写真、存在感だけが浮遊してこっちに乗り移ってくる気がする。

ついでに、X1にもう一度さわってきて、カタログももらってきた。買いっこないのだけれど、カメラをアピールするためにどんな写真を載せているのか、興味だけはあって、 エプソンのR-D1sやシグマのDP2のカタログもよかったけれど、X1のそれは、我が道をゆくのライカ文化であります。

ところでX1にさわって、特に新たな発見はなかったなぁ。AFはまぁこんなものだろうけど、MFはかったるいし、AF→MFへのシフトもそんなにスムーズじゃなさげだったし、1メートル以内ぐらいだとマクロにしなきゃ合わないらしいし、でもでも、ひたすらデザインは美しい。

とはいえ、12月に出るどころか、まだまだ発売はワカラナイという悠長さなので、そうこうしてるうちにソニーのミラーレスのデジ一が出るとか出ないとか(あっ、でもEP-1やGF1 より重いのは、ワタシ的にはNGだなぁ)、はたまたニコンのAPS-Cのコンデジとか、いろんなうわさが渦を巻いていることもあって、実にゆったりした気分で冷やかすことができるのは、心の安寧にはよいことであります。

写真は、会社の近くのシャネルのマネキン。久々のカラスコ。
c0155474_23311260.jpg

D40+カラスコ

by sustena | 2010-01-27 14:42 | Art/Museum | Comments(0)


<< 自転車泥棒      ミドリムシのベーグル >>