いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 24日

谷中霊園───谷根千撮影会1

本日は、知り合いのカメラマンと総勢5人で、日暮里で待ち合わせて谷根千の撮影会を。撮影会といっても、5人のうち3人は素人で、撮影会と称した散歩とおしゃべりがメインなのである(以前皇居を撮影した仲間)。
今回のお題は、集合写真(といっても自分以外の4人だけど)を工夫して撮ること。それと笑顔を撮る。依頼されたら拒否しちゃいけないということで、自分もモデルにならなきゃいけないという気恥ずかしさはあるものの、ひとを堂々と撮れるのがうれしかったなぁ。とはいえ、谷中もフォトジェニックなまちではあるのだ。カメラをさげたひとだらけではあるんだけど。

まず、いつものガムテ文字に挨拶して谷中霊園へ。
c0155474_215332100.jpg

ここではエグザイルのまねをしてという注文が入り、中年のおじさんおばさんにエグザイルって言ってもねぇとブータレながら、通り掛かる人が少なかったので、思いっきり遊ぶ。
私は、墓地の花がすっかり気に入って、何枚か撮った。
c0155474_21554179.jpg
c0155474_21554977.jpg
c0155474_21555864.jpg
c0155474_2156841.jpg

墓地に隣接した公園のラクダもなかなかよかった。
c0155474_21563130.jpg

幸田露伴の五重塔のモデルになった五重塔跡というのがあって、行ってみると、解説がある。
五重塔の写真が載っていて、曰く、「在りし日の五重塔」。在りし日の、はないんじゃない? せめて往時の、と書いてほしいなぁ。東京都教育委員会とデカデカと出ていて、みんなでケナしたのであった。
D40+Tam17-50mm

by sustena | 2010-01-24 21:59 | まち散歩 | Comments(8)
Commented by nuts-co at 2010-01-24 22:46 x
すてきな休日だなあ。とっても刺激的。ガムテ文字は、ほんとに惚れ惚れしますね。一介の職員さんがゲイジツカぶらずにやってるってあたりが、さらに好きです。スイートピーとカーネーションのお供え。これだけ過剰なお供えの花ってのは、初めて見ます。なにか凄い心情ってものを感じずにはいられない。すごい。
Commented by ken_kisaragi at 2010-01-25 00:24
新春浅草歌舞伎のラスト写真といい、
今回のラクダ、普通の雰囲気ではありましぇん、凄み有りますね。(*^_ ’)v

なぜかお墓は撮れないなぁ〜自分は・・・
Commented by esiko1837 at 2010-01-25 05:51
なんと羨ましいシチェーションなんでしょう!
益々腕があがりますね。
楽しかっただろうなあ。
お墓の花は・・・でも透明感があって素敵に撮れていますね。
Commented by Lucian at 2010-01-25 21:36 x
中学の時、お墓で記念写真を撮ったら心霊写真になったことがあります。友人の周りに無数の顔が写っていました。
原因が写した自分なのか、写された友人なのか、後日独りで撮影して検証してみたら何も写らず、原因は友人のほうでした。

枯れかかった花は荒木さんの写真を連想します。
Commented by sustena at 2010-01-25 22:55
ここのガムテ文字、あちこちに増殖していますが、やっぱり元祖という感じで年季が違います。いつ行ってもすばらしい!と思っちゃう。
Commented by sustena at 2010-01-25 22:56
ken_kisaragi さん、紀信が青山霊園で仁王立ちのヌードを撮って、管理人が怒り心頭だったとか。罰当たりだったかしら・・・。
Commented by sustena at 2010-01-25 22:58
esikoさん、なんといっても、集合写真の撮りっこは楽しかったです。でも素人なので、EXILEの真似をしても、中途半端だよね、ということが、最後に入った喫茶店でPCに取り込んで観たときによくわかりました。これもご愛嬌ですけど。
Commented by sustena at 2010-01-25 22:59
Lucianさん、心霊写真には幸いなことに出会ったことがありません。私は、目の前に幽霊がいても気づかないタイプ(とみんなに言われる)なので・・。


<< 表具屋さん───谷根千撮影会2      歌舞伎座さよなら公演「壽初春大... >>