2009年 12月 20日

息子と「NO MAN'S LAND」展へ

本日は息子とデート。ほんとは、ギャラリー間の隈研吾展に行くはずだったのだが、のびのびにしてるうちに昨日で終ってしまったので、かわりに、広尾のフランス大使館の旧庁舎で行われている「NO MAN'S LAND 創造と破壊@フランス大使館───最初で最後の一般公開」を見てきた。

これは、2009年11月に新しいフランス大使館が完成し、1957年にジョゼフ・ベルモンが設計した旧庁舎が取り壊されることになったため、解体前にアート展を行い、一般公開しちゃおうというイベント。参加したアーティストは日本とフランスから約70名ちょっと。事務室や廊下、階段、地下室などいろいろな空間をファッションデザイナー、写真家、建築家、ヴィジュアル・アーティスト、映像作家、パフォーマーなどが自在に使い、創作空間とした。まだ制作途中のものもあり,創作の現場を体験することもできるという仕掛け。

おもしろーい。さすが、文化の国だよねぇ。しかも無料♪
c0155474_22315895.jpg

c0155474_22321067.jpg

c0155474_22325883.jpg
c0155474_22331163.jpg

GRDIII

by sustena | 2009-12-20 22:33 | Art/Museum | Comments(0)


<< NO MAN'S L...      カレーうどん >>