2009年 10月 12日

シラサギ

公園の散歩では、だいたいシラサギを2~3羽、カワウを10羽前後、アオサギを2~3羽見かける。おおむね、長玉じゃないとムリな場所にいるんだけど、ときおり、近くに飛んできてくれることがある。
きょうも、わりと近くでご対面。あと一歩近づこうとしたら、つれなく飛んで行っちゃったけど。
大サギ、コサギ、中サギの区別がいまいちわからない。
c0155474_17221785.jpg

こんな、何気ない色も好き。ぱちり
c0155474_17231345.jpg

D40+60mmマクロ 下35-70mm F2.8

by sustena | 2009-10-12 17:23 | 小さな自然 | Comments(10)
Commented by higphotos at 2009-10-12 17:38
いやいや。この60mm、よく解像しますねぇ。
すごく自然だし、良い感じです。
マクロのポートレートってどんな感じでしょうか。
Commented by sustena at 2009-10-12 21:24
知り合いのカメラマンに、ポートレートでレンズを探してるなら、このレンズって勧められたんですよね。Photo of the Dayの田中氏も、マクロレンズでポートレートをって著書で言ってるし、Tam90だったらバッチリではないでしょうか?
Commented by Lucian at 2009-10-12 21:41 x
シラサギはナイスショットです。
ダイサギは90cmで首が鶴のように長い、中サギは68.5cmでコサギよりくびと足が長い、コサギは61cmでクチバシが中サギより長い。
とりあえずこれで区別してください。
そうですか、カワウがいるんですね。こちらは100%ウミウだけです。
カワウは見たことがないけどウミウとそっくりみたいです。
オオハクチョウとコハクチョウの違いと同じで、初心者は区別できないでしょう。
Commented by nuts-co at 2009-10-12 23:10 x
この鷺、けっこう大きな体なのに、こんなに細いワイヤーにしっかり乗っかっていて、器用なもんですね。綱渡りみたいです。鷺を抱いたら、どのくらい重いと感じるんだろう。まあ、一生、鷺を抱くことはないでしょうけど。そう思うとちょっと残念。
Commented by Cakeater at 2009-10-13 20:30 x
東京の場合、外堀や運河、神田川、善福寺川あたりで見られるのはほとんどコサギです。たまに高尾とか多摩川の方の魚の多いところだとチュウサギが見られます。ダイサギは大きい湖とか広い田んぼの続くところじゃないといないようです。あ、もっとも、時々東京の上空をたかく飛んで横断してるのを見るから、大井のサンクチュアリあたりでくらしているのかもしれません。以上、Lucianさんの情報へのローカル情報つけたしです。
Commented by sustena at 2009-10-13 21:07
Lucianさん、やはりサイズとバランスですか・・・。離れていると、どれくらいかサイズの見当がつきません。たしか、足元の色がどうとかって野鳥の会のひとが言ってたと思うんですけど、いかんせんおぼえていない(;o;) 
Commented by sustena at 2009-10-13 21:08
nuts-coさん、このコは軽そうかなぁと思っていたら、わさわさと飛んで行って別の枝にひょいととまったとき、けっこう揺れてました。
Commented by sustena at 2009-10-13 21:10
Cakeater さん、以前揶揄場に野鳥の会のひとが解説してくれたときは、チュウサギとコサギがいたような記憶が・・・。もっとも私の記憶だからあてになりませんけど。おおむね、コサギの確率が高そうだってことですね。ありがとうございます。
Commented by Cakeater at 2009-10-14 06:08 x
あ、肝心の同定を書き忘れました。
この写真のサギはコサギです。黄色いソックスというか足袋はいてますから、チュウサギなら黒のままのストッキングスです。
Commented by sustena at 2009-10-14 23:48
黄色いソックスと黒のストッキング、これで忘れないわー!フィーレンダンケ~♪


<< 息子とデート♪      大人計画「サッちゃんの明日 >>