いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 15日

空き家を舞台にしたアート~妻有トリエンナーレ2009 その6

木屋を舞台にしたものにもいろんなアイデアや表現があった。
ジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラーノ「ストーム・ルーム」は歯医者さんの深慮氏蛆ョの2階にいると突然稲光が光り、大雨になルという仕掛け。突然扇風機がまわりだし、カタカタ揺れて、隣のへやからは先生の咳払いが聞こえる。
外は、ピーカンだったのに。
c0155474_2383051.jpg
c0155474_2383859.jpg

アントニー・ゴームリーの「もうひとつの特異点」は空き家の中にロープを張るインスタレーション。
c0155474_23104071.jpg

塩田千春の「家の記憶」は、黒い毛糸を張りめぐらせた。
c0155474_23112247.jpg

マーリア・ヴィルッカラの「持ちあげて行ったり来たり」では、屋根裏にぽつんと馬がおかれていた。(記憶違いかもしれない)
c0155474_2314115.jpg

古い農機具や家具が、竜安寺の制定のようにおかれた「名ケ山写真館」の入り口は、3年前の作品、いまはその家で遺影を撮るワークショップを行っていた。
c0155474_23164391.jpg


by sustena | 2009-09-15 23:16 | Art/Museum | Comments(4)
Commented by ken_kisaragi at 2009-09-15 23:37 x
大地の芸術祭!夏の間開演していたんですね。
カテゴリーも量も凄い、見たかったなぁー。
UA・人形浄瑠璃!!(うわぁ〜)TVかビデオでやるかもしれませんね。期待!
Commented by Lucian at 2009-09-16 20:09 x
インスタレーションを画像記録にするのは難しいでしょうね。
でも紹介した画像から全く別のイメージも想像できるところが写真のメリットでもあるんですね。
Commented by sustena at 2009-09-18 00:28
ken_kisaragiさん、来年は瀬戸内海を舞台にしたアート展がありますよ~。
Commented by sustena at 2009-09-18 00:31
Lucianさん、私はこれを見たぞの日記がわりだからいいやと思ってはいるんですが、やっぱり欲が出て、帰ってからみてガッカリしたりしてるんです。うっかりすると撮るのに夢中になっちゃう恐れがあるので、バッと撮れるコンデジ限定です。


<< 妻有の空───越後妻有トリエン...      廃校を舞台に~越後妻有トリエン... >>