2009年 09月 14日

かき氷2題~越後妻有トリエンナーレその4

今回の大地の芸術祭で気に入ったものはいくつもあるけれど、かき氷からみで2つご紹介。

ひとつは、 「かき氷マウンテン」。
c0155474_22473245.jpg

この冬に地元の小学生と雪山をつくって、その上に実際のシロップをかけて大きなかき氷をつくった富永敏博さん。その様子が映像と写真で紹介され、スコップやハシゴ、シロップかけに使ったじょうろetcが展示してあったのだけれど、私たちが行った日は、ちょうど無料でかき氷が食べられるとあって、寄り道したのだった。

なんてバカなことを考えるんだろうなぁといいながら、地元の人が雪の山を作って、そこにはしごをかけてこどもたちがのぼり、てっぺんにシロップをかける。ふわふわの雪なので、思わず食べちゃう子がいたり。イベントが目に浮かぶようだった。
c0155474_22492495.jpg
c0155474_224932100.jpg

もうひとつは、みかんぐみとBankART1929のユニットの空き家再生プロジェクト「桐山の家 BankART妻有」にあったかき氷自転車。
c0155474_22581595.jpg

ペダルを漕ぐと氷がシャカシャカ削れる。体力派の息子たちに漕がせて、みんなで食べた。
c0155474_22591090.jpg


by sustena | 2009-09-14 22:59 | Art/Museum | Comments(8)
Commented by nuts-co at 2009-09-14 23:14 x
その昔、金沢に住んでいたころ、自分ちの庭のどこかに砂糖をひとつかみまいて、白いかき氷ってことにして、それがどこか、探し当てる、って遊びを妹としたなあ。ここ、って宣言して食べてみるけど、味なんてしない。何回も失敗すると口が冷たくなって、もう砂糖なんかわからなくなっちゃう。何十年ぶりかにそんな遊びを思い出しました。
息子くん、来年チャリで遠くにいくときは、このかき氷器を積んでいけば、行く先々で人気者さっ!
Commented at 2009-09-14 23:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2009-09-14 23:45
nuts-coさん、実にクリエイティブな遊びというか、どこにエサを隠したかわからなくなるリスみたいな遊びのような気も・・・。この自転車を縁日で活用して、1分間漕ぎ放題100円なんてやったら儲かるか?なんて考えてしまいました。氷をゲットするのが問題だなぁ。
Commented by sustena at 2009-09-14 23:46
Pくん、メタボ解消にぜひ!
Commented by higphotos at 2009-09-15 13:07
カキ氷自転車。目からウロコです。
自転車漕いで喉が渇いたら、即座にカキ氷。。。上手く出来てるなぁ。

写真でしたが、雪山のカキ氷にも興味あります。
楽しいことって、イロイロありますねぇ。
Commented by Lucian at 2009-09-15 17:45 x
かき氷まうんてんは本物のシロップがもったいないような気がします。
でも絵の具ではリアルな色が出せなかったのかなとも思いました。
Commented by sustena at 2009-09-16 23:44
higphotos さん、小僧さんと雪の降った日に、ミニかき氷マウンテンいかがでしょうか?
Commented by sustena at 2009-09-16 23:46
Lucianさん、ペンキや、絵の具や、ポスターカラーをうすめたのじゃあ、この楽しさは出ないと思います(もったいないけど)。 思いついても、ゼッタイだれも実行しないことを、ひとの力を借りて実行しちゃうとこがスゴイ。


<< 廃校を舞台に~越後妻有トリエン...      のっぽの消火栓 >>