いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 12日

越後妻有トリエンナーレ2009 その2

スタシス&コウォジェイスキと、ヴィタシェフスキのユニットのこの「訪問者」という作品は、約10メートルの高さのマストに33枚の顔のバナーを掲げたもの。青空をバックに、棚田に漕ぎ出す船のようだった。
c0155474_22434168.jpg

行ったぞという、ただの証拠写真にしかならないのが悲しい(;o;) LX3

by sustena | 2009-09-12 14:45 | Art/Museum | Comments(8)
Commented by Lucian at 2009-09-12 18:03 x
これはバーチャルな訪問(者)を象徴しているようにも見えて面白いです。
Commented by satsuki-ami at 2009-09-12 18:45
おもしろいですね~、確かに帆船の船の部分が下にありそうな気もしますね^^
下の記事の「建具ノイエ」、これも興味ありますね。
Commented by jmiin at 2009-09-12 19:46
縦位置で攻めてみるとか?
Commented by sustena at 2009-09-13 10:11
Lucianさん、この訪問者の顔が異国チックで、そこが大いに気に入りました。
Commented by sustena at 2009-09-13 10:12
satsuki-amiさん、最初とリセミングしたのをアップしたのですが、考え直して、さらに間延びしたトリミング前のをアップしました。これだと船の部分が下にありそうな感じはなくなっちゃう。
Commented by sustena at 2009-09-13 10:13
jmiin さん、たて位置は空の色がぶっとんでしまって全没(;o;)
Commented by higphotos at 2009-09-15 13:01
空が良い感じですねぇ。
逆光気味ですか、白とびに強いのかな。
気持ちの良い秋空の写真ですよ。
Commented by sustena at 2009-09-16 23:42
higphotos さん、コメントありがとうございます。逆から撮ったり、下からあおったり、タテ位置で撮ったりしたんだけど、どうもサマにならなかったです。なので、一番平凡だけど、広々とした写真をアップしました。


<< トリエンナーレで出合った看板~その3      越後妻有トリエンナーレ2009... >>