2009年 09月 11日

おでんの季節

ちょっと肌寒くなると、おでんがガゼンおいしくなる。家でつくるのは、だしがちゃんとしみこまないうちに食べ終わってしまうウラミがあって、外で自分の好きなものを選んで、熱燗で、というのがいい。でもそんなチャンスはめったにない。

きょうは久々に、半蔵門駅の近くでおいしいおでんに出合った。「おでん割烹・稲垣」であります。関東風・関西風・名古屋風と3種類のだしのおでんが楽しめる。

これは、名古屋バージョンの牛スジ。なかなか濃厚なんだけど、じっくり煮込んであって、決して脂っこくなく、あとをひくお味。
c0155474_22505391.jpg

おでん以外の刺身や焼き物もいけるんだけど、ちょっと高いのが難点かな。

by sustena | 2009-09-11 22:51 | 食べ物 | Comments(11)
Commented by nuts-co at 2009-09-11 23:51 x
おお、冬遠からじ! この牛すじ、味噌味なんですか? ちょっと挑戦してみたくなるなあ。こっくりとした味が、きっとおいしいだろうなあ。
Commented by ken_kisaragi at 2009-09-12 00:52
(。。;)おおっ、ドテヤキではありませんか!
牛スジの味噌煮込みのことを、ここ大阪の地ではなぜか、そう呼びます。
これに七味唐辛子タップリ振りかけて食べてみて下さい。
我を忘れてひっくり返る位、熱燗でもビールでもクゥ〜とOKです!

通天閣の立つジャンジャン横丁界隈には、おでんやホルモン焼き屋が軒を並べ、
味美味しく、激安価格で食べたり出来ます。
物騒!とかという人もいますけど、風情有る下町の繁華街、
女性でも2名以上で闊歩すれば大丈夫です。(わぁ〜ぉ〜)
関西出張の折には是非ともドゾ!
Commented at 2009-09-12 05:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by esiko1837 at 2009-09-12 06:22
うわあ美味しそう!!!
牛スジは、こちらではおでんには入れませんが、私は佃煮はよく作ります。
たくさん作って冷凍庫にいれておくと助かります。
でも、牛スジも今は昔よりも随分高くなってしまいましたね。
Commented by sustena at 2009-09-12 13:22
nuts-coさん、八丁味噌があれば、しとは時間をかければ十分においしいものができると思います。
Commented by sustena at 2009-09-12 13:24
ken_kisaragi さん、ジャンジャン横丁界隈!ああ、だれか連れがいないものか。出張のときは、クライアントがおらず、お酒が飲めるライターやカメラマンと一緒だといいなぁ・・・。
Commented by sustena at 2009-09-12 13:26
Pくん、おいしいものがあると、簡単に釣られちゃいます。ああ、腰軽だわー。
Commented by sustena at 2009-09-12 13:26
esikoさん、私がよくつくるのは牛スネの醤油煮です。でも保存食にならず、すぐになくなってしまいます。
Commented by Lucian at 2009-09-12 19:52 x
この写真をおつまみに一杯やれそうです。
Commented by higphotos at 2009-09-15 12:59
ウマそうですねぇ。
名古屋のミソですかぁ。これはイイなぁ。

静岡にもおでんがあります。
おいでの際は是非。
Commented by sustena at 2009-09-16 23:39
higphotosさん、おでんはもちろん全国区だと思いますが、「静岡のおでん」と銘打つからには、特徴があるんでしょうね。食べたことがありません。静岡は近いのに行く機会がなくって・・・。


<< 越後妻有トリエンナーレ2009...      空気の澄んだ朝 >>