いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 03日

小声でていねいに

チャリで保育園の前を通ったときにふと目についた案内。

職員用専用の自転車置き場だから外部の人はご遠慮をということをアピールしているわけだけど、実に丁寧に一文字一文字記されていて、しかも2台の自転車がとてもやさしげである。いかにも保育園の先生が描いたんだなぁと思わせる。ひっそりとしたものいい。だけど、声高に××禁止だなんて押しつけられないぶん、こちとらも、「はい、わかりました」と素直になって、ここにコッソリ停めちゃおうという気はあまり起きない気がする。
c0155474_0244239.jpg


by sustena | 2009-09-03 00:24 | 看板・サイン・ポスター | Comments(7)
Commented by jmiin at 2009-09-03 05:58
これは迫力がありますね。

しかも大声じゃない、確かに。 襟を正して他に置きます。と言う感じです。
Commented by esiko1837 at 2009-09-03 06:48
低い落ち着いた声ほど説得力があるのと同じですね。
トーンが低いと、こちらが耳をそばだてることになるんですね。
この自転車の絵がまた、優しくていいです。
Commented by Lucian at 2009-09-03 18:17 x
イラストまで手書きなのがまたいいですね。
アナログのやさしさを感じます。
Commented by nuts-co at 2009-09-03 21:37 x
保育士をしている友だちがいますが、いかにもその彼女が書きそうな看板。人柄や職業柄って現れるもんですね。やさしくて、真面目で、一生懸命な保母さん。
Commented by sustena at 2009-09-03 22:52
jmiinさん、サイズも小さいんですよ。横幅30センチ弱だったと思います。
Commented by sustena at 2009-09-03 23:00
お客さまセンターにつとめているひとに話をうかがったとき、相手がシニアの場合は、こちらから話かける声をちょっと落とすんだそうです。すると向うが、大きな声でしゃべってくれる。こちらから大声で話しかけると、自分の話し方で問題ないと思って、結局何を言ってるかわからなくなっちゃうことも多いんだとか。
Commented by sustena at 2009-09-03 23:05
Lucianさん、私もまず第一に自転車のイラストの描きっふりが気に入ったんです。


<< モノ・ブレブレ      辺見庸『私とマリオ・ジャコメッ... >>