いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 30日

八月納涼大歌舞伎第一部

先日、歌舞伎座で見た三津五郎の「六歌仙容彩」、踊り系はわからないからなぁとは思いながら、大好きな三津五郎の十八番なので、やっぱり見ておかなくちゃと出かけたんだけれど、眼福♪

六歌仙の僧正遍照、文屋康秀、在原業平、喜撰法師、大伴黒主のそれぞれが小野小町に恋をしかけて振られるさまを描いたもので、小町は福助、五人の歌詠みを三津五郎が踊り分ける。
文屋や喜撰のコミカルな動きが実に軽やかで、楽しく、表情豊かで、眼差しと手の動きにすいこまれるよう。

「天保遊侠録」は、勘太郎が田舎出の血気盛んでうぶなぼんぼんぶりが雰囲気~♪だったし、 阿茶の局の萬次郎を堪能。 扇雀が、おばさんでない女のひと(芸者)を演じていて、おっ、きれいじゃんと新たな発見。

一、天保遊侠録(てんぽうゆうきょうろく)

             勝小吉  橋之助
           松坂庄之助  勘太郎
          大久保上野介  彌十郎
            勝麟太郎  宗 生
           井上角兵衛  亀 蔵
            阿茶の局  萬次郎
             八重次  扇 雀

二、六歌仙容彩(ろっかせんすがたのいろどり)  

            僧正遍照
            文屋康秀
            在原業平  三津五郎
            喜撰法師
            大伴黒主
            小野小町  福 助
              所化  秀 調
               同  高麗蔵
               同  松 也
               同  梅 枝
               同  萬太郎
               同  巳之助
               同  新 悟
               同  隼 人
               同  小 吉
               同  鶴 松
              官女  亀 蔵
               同  彌十郎
           祇園のお梶  勘三郎

写真は、近くのお寺の酔芙蓉。朝は白く、夕方は酔ったように赤くなる。これは正午ごろ。

35-70mmF2.8
c0155474_2247073.jpg


by sustena | 2009-08-30 22:48 | Theatre/Cinema | Comments(2)
Commented by satsuki-ami at 2009-08-30 23:36
いいですね、歌舞伎座。
数年前に行った以来です、地方に住んでるのもあって、なかなか行く機会もないんですが、
建替え前には一度は行きたいと思ってるんですが・・・。
Commented by sustena at 2009-08-30 23:45
satsuki-ami さん、10月の演目はおすすめですよ!


<< PARCO劇場『狭き門より入れ』      帰還 >>