いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 29日

鴻池朋子展「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」

東京オペラシティーのアートギャラリーで鴻池朋子さんの「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」と題した展覧会をやっている。これが、めちゃおもしろい。
c0155474_1434242.jpg

「インタートラベラーInter-Traveller」とは、異なる世界を相互に往還し、境界をまたぐ人を指す、作家による造語なんだそうだ。この展覧会では「想像力という人間の根源的な力で地球の中心まで旅をする」というコンセプトで、地球の中心に対する「深度」にそって、地殻から地中、地核、地球の中心へと展示が構成されている。

幅6mの大きな絵が四方に展示された空間、12面の襖絵、本に映し出されるアニメーション・・。ナイフが舞い、オオカミが吠え,白くふわふわした顔のないウサギのような「みみお」が歩き続ける,鴻池さんの作品によく出てくるモチーフが繰り返し登場する。

私たちの生れるずっと昔のそのまた昔の神話の時代に、自分がそのオオカミたちとたしかに一緒にいて、世界を天空のかなたから見下ろしていたような、そんな気がするのだ。

会場内は撮影禁止だけど、入口のこのベンチで記念写真が撮れる♪
c0155474_14483668.jpg

オペラシティの広場で、こどもたちが遊んでた。
c0155474_14494614.jpg


by sustena | 2009-08-29 14:50 | Art/Museum | Comments(6)
Commented by Lucian at 2009-08-29 22:27 x
地球の中心に行ったら重力はどう作用するのでしょうか。ふとそんなことを考えてしまいました。
つり合って落ちなくなるのは宇宙空間と同じでも、あらゆる方向から押さえつけられて浮いてしまうような気がします。
これはInner-Travelですね。
Commented by higphotos at 2009-08-29 23:50
このベンチで記念撮影ですかぁ。んー、厳しいー。
広場のこどもたち、柔らかいモノですねぇ。雰囲気とバランスが良いです。
Commented by yuko-0422 at 2009-08-30 14:49
こんにちは♪
価格.comの口コミ欄への書き込み、有り難うございます。
LX3とGRD3の両方をお持ちとは、スゴいですね。
でもコンデジ2台持ちで行くというのもありかもしれませんね。
その場合、LX3を室内撮りと夜撮りに使い、GRD3を日中の街角スナップに使う…
でも、まあ、私の場合は、一眼レフも持っていくつもりなので、そこまではしないと思いますが(…したりして^^;)

依然として、どちらを購入すべきか迷い中ですので、購入の参考の為にも、今後もちょくちょく寄らせて下さいm(__)m
Commented by sustena at 2009-08-30 22:15
Lucianさん、どんどんくだって地球の中心に行くと、叫んでいる巨大な 赤ん坊の頭がぐるぐる回ってるんです。なんだか酔いそうになりました。
Commented by sustena at 2009-08-30 22:16
higphotosさん、私は記念写真を撮りました♪
Commented by sustena at 2009-08-30 22:20
yuko-0422さん、わざわざお越しくださり感謝です。価格で、旅行に行くにあたってGRDIIのサブに何がいいか質問したら、発売前のLX3の声が挙がって、スペックを見ただけで買っちゃったのがLX3で実に優等生なカメラです。GRDIIIは室内も夜もかなり強力になってるので、デジ一との組み合わせなら、ほんとどっちでもいいと思いますよ。迷っていないで早めに買って、慣れておくことをおすすめします。かさばるのを気にしなければLX3+ワイコンはどうでしょう?


<< 帰還      神戸ハーバーランド >>