2009年 08月 02日

前川貴行「銀座どうぶつ園」

先日、RING CUBEで開催中の、動物写真家・前川貴行さんの「銀座どうぶつ園」と題した展覧会を見てきた。コンフトは、「ほぼ原寸大の写真による動物園」というコンセプト。全長約5mのゾウ、サル、ライオン、木のうろからじっとこっちを見ているエゾシマリス、キタキツネ・・・など、約50点がなかなか楽しくレイアウトされていて、一歩入ると別世界。動物たちとまじまじ対面しているみたい。

私がとくに気に入ったのは、あくびするキタキツネ、海をバックにしたニホンザル、きょとんとした表情のシロクマ、ニホンイノシシのいる森。
全部野生の動物かというとさにあらず、ライオンなど富士サファリパークで撮影と説明書きがあったものも。

もひとつのお目当ては、GRDIIIにさわってみること。SDカードを入れて何枚か撮ってきました。なかなか心浮かれる絵・・・。

これはその帰り道に撮ったもので、GRDIIです。
c0155474_1740519.jpg


by sustena | 2009-08-02 17:40 | Art/Museum | Comments(4)
Commented by Cakeater at 2009-08-02 21:02 x
目下、CX-1へと指と上腕が震えている状態なんで銀座のリコーにいくのは、かなりに危険な感じです。GR2が3万円台まで落ちていて、3より魅力的なのも危ない。。。α330よりやすいもん。
この色すきです。 いかにもリコーGRの伝統色。
Commented by higphotos at 2009-08-03 11:22
あー、いいなー。
銀座どうぶつ園ですか。観てみたいです。
それに、3に触ったんですね。イイなぁ。
絵は持ち帰れたんでしょうか。羨ましすぎです。
Commented by sustena at 2009-08-04 00:09
GR2が3万円台とは安いですよねぇ。5万円台だったら即買いなんですけど、旅行の友にしたくって、それなら早いうちに慣れておこうかなぁと思案中なんです。
Commented by sustena at 2009-08-04 00:11
higphotosさん、写りは明らかに進歩してました。気持ちAFも速かったような。液晶も見やすかったです。でもパッと見には区別がつきません。


<< 子供のためのシェイクスピア『マ...      目覚まし時計 >>